はじめに読んでほしいもの

広告
はじめに読んでほしいもの

あなたじゃなくても書ける文章より、あなたの想いが詰まった言葉を聴きたい

「読まれる文章」っていうのは、どんな文章だろう? こう考えると、いわゆる「文章力」っていうものが重要だってことはきっと間違いない。だけど、それと同じくらい、あるいはそれ以上に重要なことがあるとも思う。 それは、どれだけのひとが、そこ...
はじめに読んでほしいもの

僕は言葉の暴力性と難しさを知りながら、それでも言葉でわかり合おうとする、どうしようもないひとです

こんな文章を読んだ。
はじめに読んでほしいもの

父がパーキンソン病と診断されました。情報と智慧を分けてください

このからだで生きていると、たとえば朝起きたら昨日とはからだの調子がまったく違うってこともよくある。関節が痛んだり、首が重かったり、それ以外にも急に腹痛がやってきたりいろんなことが起きる。そしてその度に、そういうふうに日々違う状況に合わせて生...
はじめに読んでほしいもの

『四つ這いおとな』のテーマは「福祉」だから、どんなことも、ここと無関係じゃない

このサイトに最初の文章 を書いたのは3月6日だと記録されている。だからもうすぐこの『四つ這いおとな』は初めてから5か月を迎えようとしていることになる。これくらい続けると今まで書いてきたものもけっこうな数になってきたけど、今改めて振り返...
はじめに読んでほしいもの

僕に対して「障碍者差別」を気にしなくていい。その代わり僕も「健常者差別」をしてる可能性はあるけど、ともかく率直に話し合ってみようよ

現代の日本みたいな社会では、一応表向きでは 差別はしちゃいけないよ! ってことになってる。これを「区別」とどう分けるかっていう問題はあるけど、とりあえず今の僕のなかでは、 違いを認めて「違うもの」として捉えるのが「区別」で、その差...
はじめに読んでほしいもの

からだが飢えたら食べる。心が飢えたら書く

第2次世界大戦で日本は壊滅的な打撃を受けた。もちろん僕は直接その時代を見たわけじゃないけど、それは資料を少し見てみただけでも明らかだと思う。だけど日本はそこから復興した。そのとき僕がいちばん単純に疑問だったのは、 あんなにめちゃくちゃにさ...
はじめに読んでほしいもの

あなたは素晴らしいものを持っている。なのにそれを棄てちゃうなんて、もったいなさすぎるよ

こんな文章を読んだ。 5月31日に厚生労働省が発表した自殺対策白書によると、2015年の自殺者数は2万4025人と過去10年で最少になった。4年連続で3万人を下回り、特に中高年男性の自殺が大きく減っているという。
はじめに読んでほしいもの

もし僕のからだが一瞬で治る薬ができたとしても、それを飲みたくはない

僕は医学的には「病気」だ。それには「脳性麻痺」っていう名前が付けられていて、その状態で生きるのは今の社会のなかでは確かに大変だから、僕は国から「1種1級の障碍者」という公式の認定を受けている。
はじめに読んでほしいもの

僕の「健康寿命」はもう尽きているけど、まだまだ続く未来を諦める気はない

健康寿命っていう言葉を知ってるだろうか?これは「健康上支障なく日常を送れる期間(寿命)」のことだ。日本は特に世界でも平均寿命が長いことで知られてるけど、 長く生きたって健康じゃなきゃ楽しくないでしょ? なんて考えのもと、最近になって...
はじめに読んでほしいもの

誰かの定義に惑わされたくないから、自分の言葉は自分で選ぶ

もう気付いてるひともいると思うけど、このサイトではずっと「障碍者」とか「障碍」っていう表記をし続けている。でも今の日本では「障害」っていう表記が一般的で、その他にも「障がい」っていう表記もけっこう遣われていると思う。
広告