広告
詩・物語

髭と付き合う

髭は伸びてくるものなんだけど 傲慢に見えると言うなら剃ろう 不潔と言うなら整えよう どちらも僕には独りでは できないことではあるんだけれど   でも生えて来たいというものならさ たまには伸ばしてもいいのかもと しばらく放置し...
気になるひと・もの

「自分の性」を受け入れてもらうのは、誰にとっても切実に大切なことだ

前に、こんな文章を書いた。 あれから2年くらい経とうとしている今、この社会ではたとえば #Me too の話題なんかもいろいろ提起されたりして、性を語るのには前よりさらに、繊細で複雑なハードルがあるような気もする。でもだか...
詩・物語

スターチス

記憶の積み重ねで創られていくのが僕たちで そうやって人生が続いていくというなら そりゃあできれば喜び多い 記憶をたくさん留めていたい   だけどね たとえ苦しみですら なぜそんなにも苦しんだのか そこに確かに大切な理由が あ...
詩・物語

カーテンコール

あのね舞台のうえではさ ひどい喧嘩をしちゃったけれど ほんとはあんなことがほんとに 言いたいことじゃなかったんだって 今さら言ってもわかってくれる?   あのねときどき台本にない めちゃくちゃなことをしでかしたけど それでも...
詩・物語

場面緘黙

語り得ぬものについては 沈黙しなければならない とは前に言われたけれど 僕にはそんな「語り得ぬもの」が どうにも多すぎる気がするんだ   他のひとならもっと的確に 難なく話せるはずのことですら 僕の胸から口をつく その道中の...
手紙

2018年2月23日に、あなたへ送る手紙

前回あなたに手紙を出してから、まだ1週間も経ってない。でもまた書きたくなったから、書いてしまおうと思う。それにこういうのって、ある程度回数を重ねてしまえば、どんどん書きやすくなるんだよね、やっぱり。ここに最初に詩を書いたり、物語を書いたとき...
気になるひと・もの

あなたが死ぬときどうおくりたいかということと、自分が死ぬときどうおくられたいかということ

僕たちは、いつか自分が死ぬということを知ってる。でも普段はどうしたって「生きること」に集中しなきゃいけない時間が多いから、死ぬことを考えることは少ない。だけど、「誰かの死」に直面したときは、やっぱり誰でも少なからず、死について考えることにな...
詩・物語

二律背反

あなたがいない苦しみに浸り続ければ 未来につなぐ希望が失われ あなたがいなくても希望に満ちていれば 苦しみは伝わらないだろう   痛みを知らなければ しあわせの尊さを理解できず あまりの痛みに身を灼いたなら しあわせへの道を...
詩・物語

メトロノーム

いちばん荒んでいた頃の 僕をあなたに見せられたら 「このときよりはよくなったね」と あなたは褒めてくれるかなぁ? でももしあなたがそのときの 僕に逢ったらお願いだから あなたを殺そうとする僕を 怖がらずよく見てほしい   ...
自分のこと

「この世から病気が消滅するのが理想」だとは、僕にはどうしても思えない

「理想郷」とか「理想の世界」それに「天国」なんて言葉から、あなたはどんな世界を思い浮かべる? でもこういう話は昔からずっとあって、細かいところはいろいろと違いがあるかもしれないけど、大筋ではけっこう「共通要素」が出ているものだとも思うんだ...
広告