広告
詩・物語

はるのおとづれ

いつもなら私が言うことは ほとんどはあなたに向けているけど 今日は久しぶりに珍しく あなたに話しておきたいことがある 私があなたに話すこと 私が私に話すこと   あのね 確かに私はね あなたの「意志」ではあるけれど それは...
詩・物語

種蒔き芽生え花開き

僕は僕とも言えるし 私とも言えるし 俺とも言えるし 拙者とも言えるし あたしとも言えるんだけどね ともかくいちばん言いたいことは うまく遣ってほしいということ   種を蒔いたら芽が出るよ 芽が出たら育てていったらいいよ ...
手紙

2018年3月16日に、あなたへ送る手紙

さて、また手紙を書いてみるよ。いつも思うけど、手紙の書き出しってのは、なかなか難しいね。 元気ですか? なんて書く手もあるけど、それに 元気じゃないよ って思われたら、結局なにを言ったんだろうって感じになるもんね。逆の立場で...
詩・物語

いつかはあなたが泣けるよう

泣いても喚いても 怒っても叫んでも 地団太を踏んで回っても それでもたったひとりすら 助けに来ることなどないことを これ以上なく何度も何度も 叩きつけられてきたからこそ いつしかあなたは泣くことも すべてを忘れ 静かになった...
詩・物語

心臓と肺のケンカ

ねぇちょっと そんなに傷つけ合うなんて あんまり哀しいと思わない? あなたがいないと息が吸えないし あなたがいないと死んじゃうよ   お互いにいいところがあるし それぞれかけがえがないものだから たとえ今は互いに気が合わないと...
日常生活

ずっと痛む左肩に思うこととやってみていること

僕のからだの特徴のひとつをすごく簡単に言っちゃうと、 「ほとんどいつも、からだに力が入り続けてしまう」 ってことだって言える。だからそんな状態でいると、もちろんいろんなことが起きてくる。
詩・物語

ペインバイキング

あなたなら痛みも喰えるでしょう? って言われて誇らしくもあるけれど 痛みをおいしく食べるわけでも 痛みによって傷つかないわけでも ないという基本的なところは もういちど確認しておきたい   ただ喰うか喰われるかの瀬戸際で 自...
詩・物語

僕とあなたが選んだもの

どんな苦しみも入る器と どんなちいさなしあわせも見つけられる眼と 僕は器を選んだけれど あなたが選んだのは眼のほうだ   でもこの違いは必然だった 僕は最初に苦しみを得て あなたは最初にしあわせを得たから だから僕はどんな苦...
詩・物語

相互期待

どうしても叶えたいことだから あなたに期待しちゃいけないことは 自分に期待することにしよう 自分に期待しちゃいけないことは あなたに期待することにしよう   今の僕にできないことは 未来の僕に期待するとして 今のあなたにでき...
手紙

2018年3月9日に、あなたへ送る手紙

こうしてあなたに手紙を書くのも、もう完全に板についてきた感じがあるよ。最初は別に1週間に1回とかペースを決めてたわけじゃないし、これからも不定期になるとは思うけど、なんとなくこんな感じで、書いてくことになるのかな。   毎回毎回ね、「出...
広告