詩・物語

広告
詩・物語

青の時代

あの日以来 世界は青に染まった 他の世界はそうじゃなくても 喜怒哀楽のすべてすら 青い背景の上にある   ときどき緑が差してくるのも 結局は同じ要素の結果で いずれにせよすべてのものが あなたの存在を訴える   僕はそれ...
詩・物語

自ら望んだ良薬

痛みの深さと愛の深さは比例すると思ったから 苦しみの深さと愛の深さは比例すると思ったから だから愛を深めたい僕は 自らこの道を選んだわけだけど この考えをまったく同じに 採用していたあなたに出逢って 苦しみも痛みも和らいだ  ...
詩・物語

お雛様の素顔

誰の前でも美しい お雛様ではあるけれど 誰かあの化粧の下の 素顔を見たことはないですか?   右大臣さん 教えてください 酔っててもなにも言えないし 見てないものは見てないよ   五人囃子さん 化粧をするの? 乙女のこと...
詩・物語

ひときわ花の芳しい

遠目からでもあなたを見つけた かわいらしかった まだ世界の穢れや痛みをなにひとつ受けていないその姿には 無垢という言葉も追いつかない   けれどあなたの周りに誰も あなたを護るひとがいなければ? その産着では包めないほどに ...
詩・物語

髭と付き合う

髭は伸びてくるものなんだけど 傲慢に見えると言うなら剃ろう 不潔と言うなら整えよう どちらも僕には独りでは できないことではあるんだけれど   でも生えて来たいというものならさ たまには伸ばしてもいいのかもと しばらく放置し...
詩・物語

スターチス

記憶の積み重ねで創られていくのが僕たちで そうやって人生が続いていくというなら そりゃあできれば喜び多い 記憶をたくさん留めていたい   だけどね たとえ苦しみですら なぜそんなにも苦しんだのか そこに確かに大切な理由が あ...
詩・物語

カーテンコール

あのね舞台のうえではさ ひどい喧嘩をしちゃったけれど ほんとはあんなことがほんとに 言いたいことじゃなかったんだって 今さら言ってもわかってくれる?   あのねときどき台本にない めちゃくちゃなことをしでかしたけど それでも...
詩・物語

場面緘黙

語り得ぬものについては 沈黙しなければならない とは前に言われたけれど 僕にはそんな「語り得ぬもの」が どうにも多すぎる気がするんだ   他のひとならもっと的確に 難なく話せるはずのことですら 僕の胸から口をつく その道中の...
詩・物語

二律背反

あなたがいない苦しみに浸り続ければ 未来につなぐ希望が失われ あなたがいなくても希望に満ちていれば 苦しみは伝わらないだろう   痛みを知らなければ しあわせの尊さを理解できず あまりの痛みに身を灼いたなら しあわせへの道を...
詩・物語

メトロノーム

いちばん荒んでいた頃の 僕をあなたに見せられたら 「このときよりはよくなったね」と あなたは褒めてくれるかなぁ? でももしあなたがそのときの 僕に逢ったらお願いだから あなたを殺そうとする僕を 怖がらずよく見てほしい   ...
広告