詩・物語

広告
詩・物語

オオカミ少年

少年が初めてそのオオカミたちを見たとき、彼は慌てて叫んだ。 オオカミだ、オオカミが来たぞ! けれど驚いたことに、そのオオカミたちが続々と少年の村に侵入してきているのに、その姿は彼以外の誰にも見えていないのだった。だからおとなたちは彼...
詩・物語

どうせ

どうせ俺たちは死んでしまうんだからとあなたは言うけれど どうせなら僕は生きられる限り生きる どうせいつかは別れが来るんだからとあなたは言うけれど どうせなら僕は一緒にいられるときを大切にする どうせ自分の気持ちなんて誤解されるんだか...
広告