詩・物語

広告
詩・物語

かけがえのない

ジュースがないなら水でいい ネットがないなら紙でいい 電話がないなら手紙でいい 服がないなら着たきりでいい 3食ないなら2食でいい 明かりがないなら寝ればいい   だけどあなたがいなくなったら  その代わりはどこにもいない ...
詩・物語

降りていく

降りていく 降りていく 1本の綱だけを頼りに  降りていく でもその綱が切れて 「死んだな……」 と思ったとき 落ちた先には ふとんが敷いてあった ここに来たのは 僕だけじゃなかった 僕はひと休みして 手紙を書いた い...
詩・物語

変わらないための変化

食べられるものがあって 暮らせる場所があって 大切なひとがいて 一緒に話し合える これ以上なにが必要なんだ? むしろ余計なことをしたら  すべてが壊れてしまうんじゃないのか?   そうですね でもたとえそんな危険があるとし...
詩・物語

虫の弁明

そりゃあ確かに僕は虫だけど 虫けらとまで言わなくてもいいんじゃないですかね? それにゴミ屑なんて言うのはあんまりだ どんなにちいさくたって生きてるんですからね   それに僕らにも矜持ってもんがあるんですよ もらったいのちを活かし...
詩・物語

平和なんか超えていけ

もしもあなたの言う平和が  違うものを排除した末に生まれるものなら そんなものは要らない もしもあなたの言う平和が 凸凹を無理やり均しただけのものなら そんなものは要らない もしもあなたの言う平和が あなたに見えている世界だけ...
詩・物語

完全否定

あなたに生きてる価値なんてない あなたに生きてる意味なんてない 今日楽しいことなんてない 明日楽しいことなんてない 誰もあなたを好きではない 誰もあなたのことなんか見てない 誰もあなたの言葉なんか聴いてない 誰もあなたの存在な...
詩・物語

依頼と返答

もしあなたが僕に「死ね」と言うのなら 「どうせ死ぬからあと何十年くらい待っていて」と答える でももしあなたが僕に「ずっと死なないでいて」と言ってくれたとしても 僕はそのお願いを叶えられない   だけど僕は僕の記録を書き続けている ...
詩・物語

福笑い

目隠ししてたらうまくできないのは当たり前じゃん だから最初からもっとよく見たらいいんだよ 目はどこにつける? 耳はどこにつける? 鼻はどこにつける? 口はどこにつける? そしてそれぞれをどう活かす?   だってみんなわかって...
詩・物語

好きですよ

まったくあなたはいっつもこうだ 昨日は海に行きたいと言っていたのに 今日になると山がいいと言い出すし ラーメン屋さんに出かける途中 急にパン屋に入ったりする   やり始めてもすぐ飽きるのに 熱中すると寝るのも忘れる 気分はコ...
詩・物語

深く吐いて深く吸う

もっと深く呼吸をするといい 深く深く吐いて 深く深く吸う からだとこころを巡らすように 行き詰まらないように   外はいつも騒がしいけれど 内側に意識を向ける時間も大切にしてほしい だから整理をするために 深く深く吐く ...
広告