詩・物語

広告
詩・物語

踏みしめる

積み上げてきたものでも 簡単に壊れるときがある でも3歩進んだのなら 下がるのは2歩までだ どんなに煽られても どんなに惑わされても この場所だけは 譲らない   でもわかってる それでも それでも 壊れてしまうときがある...
詩・物語

七転び八起き

転んだら起きる また転んだらまた起きる また転んだらまた起きる また転んだらまた起きる また転んだらまた起きる また転んだらまた起きる また転んだらまた起きる   これじゃあ数が合わないじゃん! なんで七転び八起きなの? ...
詩・物語

鏡が割れている

鏡が 割れている   ここは自分の部屋なんだから 自分で片付けるべきだろう でも自分だけで直せないなら 早く誰かを呼ぶべきかもしれない   でもいったい誰が こんなものに触れてくれるというんだろう? 自分自身も傷つけること...
詩・物語

鬨の声

地獄はもぬけの殻だ すべての悪魔はここに来ている とあなたは言った でもそれなら天国だってもぬけの殻だ すべての神はここに来ている だからその勢力は互角だ あとは僕たちの意志次第 どんなに醜い世界でも どんなに美しい世界でも ...
詩・物語

御者を探して

おいおいそんなに落ち込んでどうした?   御者がいないんだよ 僕を走らせてくれる御者がいないんだ   それは確かに困ったかもだけど お前には羽があるじゃないか   こんな羽じゃあ飛べないよ それに僕には目的地がない   ...
詩・物語

常套手段

山に登らせろ 海に入らせろ 芸能人を友達にしろ 歌わせろ 踊らせろ ひたすら遠くまで歩かせろ 階段を上らせろ 友達に背負わせろ 馬やイルカに触らせろ 絵を描かせろ 詩を作らせろ 家族に手紙を送らせろ 困らせ泣かせて喚...
詩・物語

あなたの文字

海の向こうからだって一瞬で届く時代に あなたは手紙を送ってくれた 3日もかけて届いた文字には あなたの想いが込められていた   一緒にいることは楽しいことばかりじゃないけれど それでも一緒にいられることを嬉しく思うよ 何年か先...
詩・物語

おかげで育つ

こんなにもバラバラなひとたちが あなたのもとに集まっている 食べて飲んでは歌ってみたり ガヤガヤしながら 笑って過ごす 「元気じゃないけど 不思議なもんで生きてるよ」 「なにもないところだけど ここはこれからだよ」 そんなふうに...
詩・物語

もっと泣け

僕たちがいちばん弱かったとき 僕たちは泣いた ただただ泣いた そうやって助けを求めた なにもできないから 誰かの助けが必要だから それを素直に 全力で伝えた   だからつらいときには もういちど思いっきり泣けばいい だっ...
詩・物語

かけがえのない

ジュースがないなら水でいい ネットがないなら紙でいい 電話がないなら手紙でいい 服がないなら着たきりでいい 3食ないなら2食でいい 明かりがないなら寝ればいい   だけどあなたがいなくなったら  その代わりはどこにもいない ...
広告