自分のこと

広告
日常生活

バナナ。それはほぼ唯一僕が好き勝手に食べられる、安くて美味しい、最高の食べ物だ

あなたの好きな食べ物はなんだろう? カレー?いいよね。ラーメン?美味しいよね。確かに、美味しい食べ物や、好きな食べ物なんて、考えればきりがないくらい浮かんでくる。それに、その日の体調とか気分によっても、食べたいものや美味しく感じられるもの...
気になるひと・もの

上の世代の「闘う障碍者」には感謝もしてるけど、もう休んでほしいとも思う

「障碍者」っていうのは「社会的弱者」だと言い換えてもいいと思うんだけど、そんな「弱者」は社会がよっぽど成熟して、包容力にあふれているひとたちの集まりじゃない限りは、多かれ少なかれ「差別」を受けることになる。そしてその「差別」っていうのはよく...
日常生活

将棋は僕でも対等にできる、楽しい競技(スポーツ)だ

僕は自分のからだを思い通りに動かすことはほとんどできない。「トイレに行く」とか「ふとんから起き上がる」とかいうことですらそうなんだから、ましてや「競技」とか「スポーツ」みたいなものなんてまず無理だ。もちろん、「特別ルール」なんてものを作って...
自分のこと

この『四つ這いおとな』のテーマ、『Simplicity』の作者の「わいひら」さんに、僕が勝手に親近感を持っている理由

この『四つ這いおとな』を始めようとしたとき、初めて"WordPress"のいろいろな基礎知識や設定を勉強することになった。そして、サーバーを選んだり、サイトのアドレスを決めたりして、とりあえずサイトを公開するスタートラインにまでは立てたとき...
日常生活

おじいちゃんおばあちゃんにだって、もっといい車いすに乗ってほしい

みんな、「長く遣うもの」とか「身の回りのもの」には自然と愛着を持つと思う。もっと単純に言えば、「帽子」とか「服」、それに「部屋の雰囲気」とか「家具」とかも、「自分を表現するもの」だと思えば真剣に選ぶし、特に気に入ったら何年だって同じものを遣...
日常生活

「アンケートモニター」は、僕にでもできる「内職」だった

前回、 って書いたように、僕のような「障碍者」にとって「自分に必要なお金をちゃんと稼ぎ出す」っていうのはそうそう簡単なことじゃないんだけど、だからこそ僕も今までいろいろな方法を模索してきた。今回はそのひとつ、「アンケートモニター」のこ...
自分のこと

賃金がマイナスになる「作業所」なんて、実質的には「託児所」みたいなものだよね

このサイトの最初のほうで、自分の実生活と実感を踏まえながら、「障碍者」の経済について書いた。 そしてそこで、 「一般就労」は茨の道だし、かといって「福祉的就労」の場では最低賃金は必ずしも保証されない。さらには、「利用料」を差し引...
日常生活

パソコンとインターネットは、僕にとって「希望の光」そのものだ

人間が想像できることは、人間が必ず実現できる (一般にはジュール・ベルネの言葉とされてるけど、「捏造説」もあるからはっきりとはわからない) 人が空想できる全ての出来事は 起こりうる現実である (『ONE PIECE』第21...
気になるひと・もの

『最強のふたり』。僕の大好きな、究極の「バリアフリー映画」

僕の大好きな映画に『最強のふたり』って作品がある。これは2011年のフランス映画で、原題は"Intouchables"(英語圏だと"Untouchable")っていうんだけど、この作品はフランスで11月に公開されてから、週間観客動員数で10...
気になるひと・もの

「『生きること』ができていればそれだけで90点」。そう言ってくれた福島智さんの言葉に、僕もとても励まされた

自分はなんのために生まれてきたんだろう? 自分の人生は、これでいいんだろうか? みたいなことを考えることはみんないちどくらいはあると思う。僕もそうだ。そして数年前にもそんな想いから抜け出せなくなっていた頃、 わたしは ここ...
広告