自分のこと

広告
気になるひと・もの

逃げ道はもう塞いだ。あとはただ、行けるところまで行くだけだ

僕は最初、このサイトを完全に無料の範囲内で運営していくつもりだった。でも、そうするとシステム提供者の広告を意に沿わないところに置かれたり、機能に制限を掛けられたり、いろんな縛りが想像以上にキツいことに気付いた。それに、自分のなかでも、 ど...
はじめに読んでほしいもの

「感動」について考えるのはほんとに難しいけど、僕ももう少し自分の気持ちと向き合ってみる

ここ数日、「感動」についていろいろと考えている。 でも、やっぱりこの問題について考えるのはほんとに難しい。ただ、このモヤモヤをせめてもう少し解きほぐさないうちは、先に進んでも中途半端になる気がする。だから他のひとたちの助けも借りな...
はじめに読んでほしいもの

僕は僕の「心の動き」を書いていく。それがもしあなたの心とも響き合えたら、とても嬉しい

「感動が安くなった」なんて表現がある。それは今の時代のひとがあまりにもすぐ、 感動しました! 一生心に残ります! なんてことを言ったかと思うと、すぐにまた別の「感動話」を見つけてきて、しかもその前になにに感動してたかなんて、も...
気になるひと・もの

「1+1は1よりは大きいよ!」。そう言ってくれたのび太の言葉が、今でも僕を支えている

こどもの頃からずっと、僕はみんなもよく知るあの『ドラえもん』が好きだった。でも、そのなかでもどの登場人物がいちばん好きか(そばにいてほしいか)って言ったら、最初はドラえもんだった。それはきっと、「もしもボックス」とかをもらって、 もし僕が...
気になるひと・もの

僕は伝えたいことが伝えられるなら、ウェブでも本でも石でもなんでもいい

こないだ、 で、今までずっと気になっていた「だいちゃん」について思うことを書いてみた。で、それでとりあえずだいたいはスッキリしたつもりだったんだけど、やっぱりまだどうしても気になるところがあったから、ちょっと書いてみる。
日常生活

「からだのためには太れない」っていう「三つ子の魂」は、今じゃけっこう、生活の役に立っている

僕のからだがいちばん安定するのは、仰向けで寝転がっているときだ。うつぶせだと、少し胸が苦しい。けどそこから四つ這いの姿勢になると、とたんに頭の重さに気付く。そしてもしなにかに掴まって立ち上がったら、今度は自分の体重が、自分のからだ全体にのし...
日常生活

人生っていうゲームは一筋縄じゃいかないけど、それでも唯一、積み重なっていくものがある

前に っていうのも書いたことがあるけど、僕はちいさな頃から、いろんなゲームをして遊ぶのが好きだった。当時は今みたいな「オンラインゲーム」とかの時代じゃなかったから、プレイステーションとか、ゲームボーイアドバンスとか、プレイステーション...
自分のこと

「お前、クサイぞ。お母さんにちゃんと洗濯してもらってるのか?」。そこまで言われてるのを黙って見過ごすなんてさすがに、できなかった

障碍者っていうのは、間違いなく弱い立場に置かれてる。逆に言うと、弱い立場に置かれてるひとが障碍者って呼ばれてるとも言える。そしてそれは、僕自身の体験は日常を考えても、確かな事実だと思う。でも、たとえどんなに弱い立場に置かれていたって、僕たち...
日常生活

「性欲」というものを僕なりに、ちょっとまじめに考えてみる

きっかけは、この文章を読んだことだった。 そして僕はここで初めてこの『hなhとA子の呪い』という作品を知ったんだけど、これは確かに、僕にとっても衝撃的なものだった。だからこの衝撃をただ忘れてしまわないうちに、「性欲」というものについて...
日常生活

もう2度と、自分の肌の弱さと日光を甘く見ないと決意した

僕は肌が白い。そして、それは絶対に黒くなることはない。太陽の下で何時間いたとしてもだ。それはただ、赤くなって、白く戻るだけだ。別にそれだけならどうってことはない。でも問題は、その赤くなったときの肌がヒリヒリ痛んでしょうがないことだ。そして、...
広告