日常生活

広告
日常生活

「精いっぱいやればできる」からって、「絶対に自分でやらなきゃいけない」わけじゃない

お前、怠けてるんじゃない? それって手抜きじゃないの? こんなふうに言われたら、誰だってけっこう傷つく。特に世界的に見ても「勤勉であること」を重視するって言われるような社会ならなおさらだ。
日常生活

しあわせなできごとだけを伝える『しあわせ新聞』があればいいと思ってた

今はいろいろなメディアがあるけど、そのなかでも大きく取り上げられるニュースっていうのはだいたい共通している。それは単純に言えば「衝撃的なできごと」だ。そしてその「衝撃」っていうのは、ほとんどの場合「哀しいこと」や「悲惨なこと」や「怒りをかき...
日常生活

介護員さんに対しての呼びかたも関わりかたも、あなたがゆっくり探せばいい

こんな文章を読んだ。 ヘルパーはヘルパーさんなのか、ヘルパーなのか? ヘルパーは使うのか、お世話になるものなのか? いずれ私も関わりをもつことになるはずのこと。 ヘルパーってなんなのか、分かりません。
日常生活

『Fit to Fat to Fit』。同じく太って一緒に痩せるという番組から、寄り添うことのひとつの究極形を見た

現代ではダイエットが巨大な産業になってるのは間違いないと思う。それはたとえばフィットネス機器だったり、ダイエットサプリだったり、他にもちょっと ダイエット方法 検索 なんて調べてみただけで山のようにいろんな情報を見つけること...
日常生活

低気圧性頭痛っていうものを知って、その対策をいろいろ試してみた

最近は季節の変わり目っぽい感じで気温も上がったり下がったりしていて、天気も安定していなかった。そんななか今日起きてしばらくしてからけっこうな頭痛がやってきて、普段それほど頭痛が多いわけじゃない僕にしては珍しい感じだった。だけどそのまま治まる...
日常生活

手がうまく動かせなくても歯の健康を護るため、歯磨きのしかたを研究し続けている

歯磨きがいかに大切かは、虫歯になったときによくわかる。でも僕は手を動かすのもなかなか思い通りにはいかないから、これはなかなか重要な課題になる。だから僕はこれを、少しずつ研究し続けているんだ。
日常生活

『障害者にとっての<性>と<生>を考える』っていう対談はすごくおもしろかったけど、ここにはぜひあのひとを呼んでほしかった

最初にこの対談記事を読んだのは、1か月前のことだった。
日常生活

VRで失われた感覚を取り戻した実例は、「想像の力」をありありと示してくれた

こないだ僕は、近年多くの注目を集めるようになったVR(仮想現実)の技術を「障碍者体験」に応用してほしいということを書いた。 そしたら、こんなニュースを見つけたんだ。 身体能力に欠損を生じた障害者の脳波を読み取って、パワードスーツ...
日常生活

脳性麻痺の「二次障碍」に、改めて真剣に向き合ってみる

二次障碍っていう概念がある。これは主に医学的な意味合いで遣われることが多い言葉なんだけど、僕の今の理解でざっくり言うと、 ある障碍をずっと抱えたまま生きることによって蓄積された疲れや歪み(無理)が、また別の障碍を生み出すこと だと捉えて...
日常生活

「VR」の技術をこのまま発展させるなら、ぜひそれを「障碍者体験」に応用してほしい

最近「VR」という言葉をよく耳にするようになった。これは2015年頃から少しずつ注目されるようになってきて、2016年の今はさらに拡がろうとしている概念・技術のことらしい。
広告