気になるひと・もの

広告
日常生活

バナナ。それはほぼ唯一僕が好き勝手に食べられる、安くて美味しい、最高の食べ物だ

あなたの好きな食べ物はなんだろう? カレー?いいよね。ラーメン?美味しいよね。確かに、美味しい食べ物や、好きな食べ物なんて、考えればきりがないくらい浮かんでくる。それに、その日の体調とか気分によっても、食べたいものや美味しく感じられるもの...
気になるひと・もの

『博士と彼女のセオリー』は、僕にとって少し「素晴らしすぎる」作品だった

確か僕が小学生か中学生くらいのときに、親しいおじさんが僕に贈ってくれた本が、『ホーキング、未来を語る』だった。そしてそのとき初めて、僕はスティーブン・ホーキングさんのことを知った。そのときの僕の印象は、「車いすの博士」って感じで、内容はよく...
気になるひと・もの

「世界一貧しい大統領」と呼ばれたホセ・ムヒカさんが、ついに日本にやってきた

実は今、少しテンションが上がっている。それが僕が個人的にすごく好きなひとが、初めて日本にやってきたからだ。彼の名前はホセ・ムヒカ。「世界一貧しい大統領」として、その生きかたや発言が世界中で注目されつつあるひとなんだけど、日本でもまだ、みんな...
気になるひと・もの

上の世代の「闘う障碍者」には感謝もしてるけど、もう休んでほしいとも思う

「障碍者」っていうのは「社会的弱者」だと言い換えてもいいと思うんだけど、そんな「弱者」は社会がよっぽど成熟して、包容力にあふれているひとたちの集まりじゃない限りは、多かれ少なかれ「差別」を受けることになる。そしてその「差別」っていうのはよく...
日常生活

将棋は僕でも対等にできる、楽しい競技(スポーツ)だ

僕は自分のからだを思い通りに動かすことはほとんどできない。「トイレに行く」とか「ふとんから起き上がる」とかいうことですらそうなんだから、ましてや「競技」とか「スポーツ」みたいなものなんてまず無理だ。もちろん、「特別ルール」なんてものを作って...
気になるひと・もの

『最強のふたり』。僕の大好きな、究極の「バリアフリー映画」

僕の大好きな映画に『最強のふたり』って作品がある。これは2011年のフランス映画で、原題は"Intouchables"(英語圏だと"Untouchable")っていうんだけど、この作品はフランスで11月に公開されてから、週間観客動員数で10...
気になるひと・もの

「『生きること』ができていればそれだけで90点」。そう言ってくれた福島智さんの言葉に、僕もとても励まされた

自分はなんのために生まれてきたんだろう? 自分の人生は、これでいいんだろうか? みたいなことを考えることはみんないちどくらいはあると思う。僕もそうだ。そして数年前にもそんな想いから抜け出せなくなっていた頃、 わたしは ここ...
気になるひと・もの

「乙武洋匡」が「ホワイトハンズ」や「ホーキング青山」と下ネタを語る日

昨日たまたま「乙武洋匡」についての文章を書いていたとき、僕はまだ世間の「騒ぎ」を知らなかった。 だけどそれを公開したあと、まさにその本人の「不倫騒動」が話題になっているのを知ったときは、正直かなり、びっくりした。というよりこの騒動は、...
気になるひと・もの

「乙武洋匡」という仮面を被らないといけない彼から一方的にもらったサインは、もうどこかに消えてなくなった

僕たちはみんな「本音」と「建前」を使い分けながら生きていると言われる。そしてこないだショーンKのことを書いたときにも思ったことだけど、「芸能人」とか「有名人」と呼ばれるような、「みんなの注目を浴びる(浴びたい)ひと」ほどその傾向が強いのかも...
気になるひと・もの

日本生きろ!だって日本が死ぬときに、真っ先に死ぬのは僕だから

昨日の に引き続き、またみんなの話題に乗っかってみようと思う。ってことで、「保育園落ちた日本死ね問題」について、まずは発端となった文章の全文を引用するところから始める。 何なんだよ日本。 一億総活躍社会じゃねーのかよ。 昨日...
広告