はじめに読んでほしいもの

広告
はじめに読んでほしいもの

あなたじゃなくても書ける文章より、あなたの想いが詰まった言葉を聴きたい

「読まれる文章」っていうのは、どんな文章だろう? こう考えると、いわゆる「文章力」っていうものが重要だってことはきっと間違いない。だけど、それと同じくらい、あるいはそれ以上に重要なことがあるとも思う。 それは、どれだけのひとが、そこ...
はじめに読んでほしいもの

僕は言葉の暴力性と難しさを知りながら、それでも言葉でわかり合おうとする、どうしようもないひとです

こんな文章を読んだ。
はじめに読んでほしいもの

お互いの「結論」よりも「思考過程」をもっともっと伝え合いたいと思う

もう少し、話の要点を絞ってくれない? それで、なにが言いたいの? 結論を先に言ってくれる? こんなふうに言われると、なかなかつらい。だけどこんな言葉は僕がちいさい頃から、よく言われてきたことだ。
はじめに読んでほしいもの

父がパーキンソン病と診断されました。情報と智慧を分けてください

このからだで生きていると、たとえば朝起きたら昨日とはからだの調子がまったく違うってこともよくある。関節が痛んだり、首が重かったり、それ以外にも急に腹痛がやってきたりいろんなことが起きる。そしてその度に、そういうふうに日々違う状況に合わせて生...
はじめに読んでほしいもの

『四つ這いおとな』のテーマは「福祉」だから、どんなことも、ここと無関係じゃない

このサイトに最初の文章 を書いたのは3月6日だと記録されている。だからもうすぐこの『四つ這いおとな』は初めてから5か月を迎えようとしていることになる。これくらい続けると今まで書いてきたものもけっこうな数になってきたけど、今改めて振り返...
はじめに読んでほしいもの

僕に対して「障碍者差別」を気にしなくていい。その代わり僕も「健常者差別」をしてる可能性はあるけど、ともかく率直に話し合ってみようよ

現代の日本みたいな社会では、一応表向きでは 差別はしちゃいけないよ! ってことになってる。これを「区別」とどう分けるかっていう問題はあるけど、とりあえず今の僕のなかでは、 違いを認めて「違うもの」として捉えるのが「区別」で、その差...
はじめに読んでほしいもの

僕はここでずっと、あなたとの「共通の根」を探し続けている

僕たちは、生まれたときはそんなに変わらない。歩けないと言ったってたいして目立たないし、目も耳も口だって、まだ充分に遣えちゃいない。それに死んでしまって灰と骨になったら、やっぱりもうたいした違いなんかない。でもその「生と死」の中間地点では、僕...
はじめに読んでほしいもの

からだが飢えたら食べる。心が飢えたら書く

第2次世界大戦で日本は壊滅的な打撃を受けた。もちろん僕は直接その時代を見たわけじゃないけど、それは資料を少し見てみただけでも明らかだと思う。だけど日本はそこから復興した。そのとき僕がいちばん単純に疑問だったのは、 あんなにめちゃくちゃにさ...
はじめに読んでほしいもの

あなたは素晴らしいものを持っている。なのにそれを棄てちゃうなんて、もったいなさすぎるよ

こんな文章を読んだ。 5月31日に厚生労働省が発表した自殺対策白書によると、2015年の自殺者数は2万4025人と過去10年で最少になった。4年連続で3万人を下回り、特に中高年男性の自殺が大きく減っているという。
はじめに読んでほしいもの

もし僕のからだが一瞬で治る薬ができたとしても、それを飲みたくはない

僕は医学的には「病気」だ。それには「脳性麻痺」っていう名前が付けられていて、その状態で生きるのは今の社会のなかでは確かに大変だから、僕は国から「1種1級の障碍者」という公式の認定を受けている。
広告