水の瞬く間の鮮烈

砂漠の滴と緑の芽詩・物語

水なのに雷みたいだねとか

雷なのに水みたいだとか

いろいろ思われてしまうことも

実は僕にはどうでもいい

 

速く爽やかに軽やかに

あるいは風がそうであるように

どんな積年の澱みさえ

華麗に流してしまえるように

 

掟に定められたわけでなく

鎖に縛られたわけでもなく

やることも帰りたい場所も

誰を愛するかということも

己の意志で決めたんだと

そう言うことができるように

そしてそれは奇跡でもなく

当たり前だと気づけるように

 

どんなに枯れそうな土地でも

枯れ果てるとは限らないもの

すべての過去は糧となり

それは鮮やかに軽やかに

未来へ新たな幕が開く

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 Yotubai Otona

コメントをどうぞ