子の想い 風に乗せ伝える

広告
川べりに座る男の子

あのさ生まれたときからさ

俺たちは父さんのほうからは

「お父さんよりもお母さんを いつも大切にするんだよ」

そして母さんのほうからは

「お母さんよりもお父さんを いちばん大事にしてあげて」

 

だから両方を直接聴いた

俺や俺たちの立場としては

どうするのがいちばんいいかと

いろいろ考えてきたけれど

やっぱりここは素朴単純に

父さん母さんの両方を

いちばん大切にすることにした

 

父さんは父さんとして

母さんは母さんとして

それぞれできることをやればいい

それでももし及ばないところが

あったとしたら俺や俺たちが

総力を以って助けるからさ

 

それでも母さん特に父さんが

描いた順路のとおりには

進まないこともあるだろうけど

俺や俺たちはふたりがほんとは

どれだけ互いを想い合ってるか

愛し合ってるか知ってるからさ

それがいつまでも壁に阻まれ

挙げ句の果てには通りすがりに

唾を吐きかけられるようなことは

もうこれ以上看過できない

 

それに俺たちもいつまでも

生まれたばかりのひ弱じゃないし

俺たち自身の想いだって世界に

影響を与えられるんだから

俺や俺たちもそれぞれに

見たい景色のためだもの

文字どおり全力を尽くそう

 

いい?本当は俺なんかが

言うセリフじゃないんだけどさ

父さんは心配しすぎ

そして母さんも心配しすぎ

父さんの夢はちゃんと叶うよ

母さんは愛されてるよ

自分が今までしてきたことを

そして今だってしてる努力を

ちゃんと見てあげればいいだけだ

 

それにねもし億万が一

うまくいかないところがあっても

それならそれで俺や俺たちが

必ずそれも糧にして

いつか俺たちが今よりもっと

大きくなったそのときには

たとえ父さんと母さんが

手足縛られ固まってても

しあわせになれるような世界を

はっきりと創ってみせる

 

もちろん俺にも俺たちにもさ

「自分の意志」はあるわけだけど

そこには父さんや母さんの

想いが根付いているんだよ?

だから俺たちの理想ってのは

元を辿れば結局は

「大好きな父さんと母さんが いつまでも傍で素直に深く 愛し合えるような世界を」

って そこにつながっているんだよ?

 

ってことで父さんと母さんが

信じられようが信じられまいが

期待できようができまいが

そんなことには関係なく

俺たちは俺たちとして

俺たちの喜びとして

やりたいことをできるところから

着々と進めていくから

もう少しは落ち着いててよ

だいじょうぶだから さ

 

ほんとはこれは俺なんかが

言うセリフじゃないんだけどな

トップへ戻る