『四つ這いおとな』は今日で2周年を迎えました。これからもいろいろなことを、わかち合っていきたいです

赤い風車を見る羊 自分のこと

僕がこの『四つ這いおとな』を始めて、最初にここに

はじめまして
ようこそ。はじめまして、四つ這いおとなです。一般的には、「四つ這い」っていうのは何歳で卒業するものなのだろう?今少し調べてみるとだいたい1年(12か月)前後で四つ這いをすることはなくなっていくんだって。でも、僕はまだ四つ這いをする。これ...

を公開したのは、2016年の3月6日だった。そして、今日も3月6日だ。ということはつまり、今日でこの『四つ這いおとな』は、2周年を迎えることになりました!

「自分で自分のお祝いをする」なんてのは、ちょっとどうかなぁとも思うけど……

でも正直に言って、

こんなふうに「自分で自分のお祝いをする」なんて、ましてや「お祝い自体を自分で企画する」なんて、ちょっとどうかなぁ……

と思う気持ちはある。でもね、それを踏まえたうえでも言えることは

これは、「僕個人」に対してのお祝いというよりは、「『四つ這いおとな』っていう場そのもの」へのお祝いだ

ってことなんだ。だから、この『四つ這いおとな』という場所があるのは、僕がいるからである以上に、あなたがいてくれるからでもある。だからこれは、ほんとに、あなたへのお祝い(感謝の気持ち)でもあるんだ。

ここは、僕の心の動き(想い・気持ち)をできるだけ素直に、いろんなものに乗せて、表現してる場所だ

僕は今まで、ここの「運営方針」みたいなものについて、何回か書いてきた。たとえば、こういうふうに。

僕がなにかを伝えたいと思うのは、まず誰よりも自分のためだ
昔「24時間残念営業」ってサイトがあった。最初に読んだ文章がなんだったかは憶えてないんだけど、それからちょこちょこ読むようになった。でもそのサイトは、僕が読み始めてから数か月で急に閉鎖してしまって、そこにある文章ももう読めなくなってしまった...
僕は僕の「心の動き」を書いていく。それがもしあなたの心とも響き合えたら、とても嬉しい
「感動が安くなった」なんて表現がある。それは今の時代のひとがあまりにもすぐ、感動しました!とか、一生心に残ります!なんてことを言ったかと思うと、すぐにまた別の「感動話」を見つけてきて、しかもその前になにに感動してたか...
『四つ這いおとな』のテーマは「福祉」だから、どんなことも、ここと無関係じゃない
このサイトに最初の文章を書いたのは3月6日だと記録されている。だからもうすぐこの『四つ這いおとな』は初めてから5か月を迎えようとしていることになる。これくらい続けると今まで書いてきたものもけっこうな数になってきたけど、今改めて振り返...

だけどこれは結局、同じことをいろんな言葉で、何回も言っているだけだって言っていい。

僕は自分に必要な場所を創って、自分がどうしても書かずにはいられないことを、あなたとわかち合いたくてしかたのないことを、なんとかいろんなかたちで試行錯誤しながら、表現し続けてるんだ。

そしてそれは、僕が当初思っていたよりも、もっとずっとずっと素晴らしくて、かけがえのないものになった。そしてそれは、あなたのおかげだ。だからほんとに嬉しく、ありがたく思っています。

情緒不安定というよりも、「情緒が多様」な僕ではありますが、これからもよろしくお願いします

ただ、ここのいくつかのページを読むとだんだんわかってくると思うけど、

いったいこれは、なにを書いてるんだ?

って思うものも、多々あると思う。特に詩とか物語とかについては、その傾向がさらに強くなってると思う。それに、

「直前に書いたものと今書いたものと直後に書いたものとのつながり」

がめちゃくちゃで、

どの方向に向かってるんだ?

と思うひとがいるのは当然だと思う。実際、公開コメントのなかにも、たとえば

は?託児所?氏ねよ 経済的に楽だ?あほかよ すぐこのブログ閉鎖いた方がいいじゃないのwww? 

賃金がマイナスになる「作業所」なんて、実質的には「託児所」みたいなものだよね
このサイトの最初のほうで、自分の実生活と実感を踏まえながら、「障碍者」の経済について書いた。そしてそこで、「一般就労」は茨の道だし、かといって「福祉的就労」の場では最低賃金は必ずしも保証されない。さらには、「利用料」を差し引...

なんてのがあるくらいだからね。だけど僕としては、実のところ

こういう取り留めのなさは、僕の「情緒が不安定」というより、「情緒が多様」だと思ってくれたら、嬉しいなぁ……

という気持ちを持っている。

あとは、単純に「僕のなかから出てきた想い」に限らず、「ふとしたところで聴いた言葉」だったり、「想い出のなかの風景」だったり、「自分を励ますための言葉」だったり、逆に「聴いてて哀しくなった言葉」だったり、そういう「心を動かしたもの」をいろいろくっつけたり混ぜ合わせたりしながら、いろんなものができあがっているってことなんだ。

だから、これからもここには、そういういろいろなものが、いろいろ書かれると思っていてくれたらいい。そしてもし、そのうちのひとつでも、あなたにとってなにかを感じてくれるきっかけになってくれたら、僕にとってはそれが、最高の喜びだ。

お互いが生きていることを、もっと少しでも素直に喜び合える日が、来ますように

ってことで、1年前に

『四つ這いおとな』はおかげさまで1周年を迎えました。これからもゆっくり這っていきます
さっき気がついたのですが、僕がこの『四つ這いおとな』を開設して、最初のを公開したのは去年の3月6日でした。ということで、本日2017年3月6日、『四つ這いおとな』は晴れて1周年を迎えることができました!

と言ってから、気づいたらもう2度めの誕生日を迎えたわけですが、

こうして「僕としての誕生日」の他に、「四つ這いおとなとしての誕生日」まで持てることは、すごく嬉しいことだなぁ……

と、しみじみ思っています。それがたとえ

「ひとつのサイト」

であっても、続ければ続けるほどいろんなことがありますが、これからもそれをあなたとわかち合っていけることを、心から喜ばしく思っています。こんな僕ではありますが、これからもどうぞよろしくお願いします。そしてあなたにも、今よりもっと少しでも、あなたが生きていることを喜べる日が来ることを、僕もあなたの足元で這いながらではありますが、これからもずっと、心から願っています。

コメントをどうぞ

  1. アバター twinhorse より:

    2 周年おめでとうございます!

    継続こそ力ですね!

    これからも楽しみにしています!(^o^)

    • twinhorseさん、こんにちは。

      ありがとうございます。とても嬉しいです。

      僕もちょっとずつちょっとずつ積み重ねて、もっと成長していけたらと思っています。

      これからもよろしくお願いします。

  2. アバター さなぎ より:

    2周年、おめでとうございます!

    「四つ這いおとな」

    とても楽しく、覗いています。

    頑張ってください!

    • さなぎさん、こんにちは。

      これからも少しでも楽しんでいてくださったらとても嬉しいです。

      あたたかい言葉をありがとうございます。

      これからもどうぞよろしくお願いします。