ネットカフェ難民が、東京都内だけで4千人もいるということ

広告
汚れた黄色い落ち葉

まず一緒に、このニュースを見てほしい。

住居が無くインターネットカフェなどに泊まる「ネットカフェ難民」が東京都内で1日当たり約4千人に上るとみられることが29日、都が初めて実施した実態調査で分かった。そのうち7割超の約3千人が派遣労働者など不安定な働き方をしていると推定された。

都は2016年11月~17年1月、都内の24時間営業のネットカフェや漫画喫茶など全502店を対象に、店側と利用者のアンケートを実施。222店から回答があった。

オールナイトの利用者946人に理由を尋ねたところ「旅行・出張中の宿泊」が37.1%と最多で、「住居が無く、寝泊まりするため」の25.8%が続いた。他は「遊び・仕事で遅くなった」13.1%、「家に帰りたくない事情がある」5.9%など。都は回答した店の平均宿泊者数などから、平日に泊まる人は都内で1万5300人と推計し、うち住居の無い人は約4千人と算出した。

住居の無い泊まり客を年代別にみると、30代(38.5%)と50代(27.9%)が目立った。労働形態はパート・アルバイト38.1%、派遣労働者33.2%、契約社員4.5%で、不安定な働き方をしている人が7割を超えていた。

都はさらに、住居が無い客ら363人に聞き取り調査を実施。店舗の他に、路上でも寝泊まりする人は43.8%いた。1カ月の収入は11万~15万円が46.8%と最多で、収入がない人は10.7%に上った。

 住居が無くインターネットカフェなどに泊まる「ネットカフェ難民」が東京都内で1日当たり約4千人に上るとみられることが29日、都が初めて実施した実態調査で分かった。そのうち7割超の約3千人が派遣労働者な

東京都が把握した「住居喪失不安定就労者等」の実態

このニュースの基になってる東京都の結果報告っていうのが、これだ。

東京都では、昼夜滞在可能な店舗で寝泊りしながら不安定就労に従事する、住居喪失不安定就労者等の実態について、店舗や店舗利用者に対する調査を実施し、その結果がまとまりましたので公表いたします。

そしてこの結果をさらにまとめた概要版まで用意されていて、それがこれだ。

『住居喪失不安定就労者等の実態に関する調査』の結果概要

ところで、ここでの「住居喪失不安定就労者」っていうのは、「ネットカフェ難民」っていう言葉を嫌がるひとたちに配慮して、なんとか別の呼称を付けたものだと言っていいと思います。これはもちろん呼ばれる本人たちのなかにもいるだろうけど、僕の印象としてはどちらかと言うと「ネットカフェの運営側」のひとたちがイメージの低下を恐れている面が大きいんだとも思います。それはたとえばこんな表現を見て感じることです。

さて、2018年1月26日に東京都が公表した不安定就労の実態調査結果を受けて、深夜複合カフェの利用者を「ネットカフェ難民」と称して、センセーショナルに報道されるケースが一部で散見されます。

そもそも、「難民」とは『戦禍・政難を避けて流浪する亡命者』(「広辞苑」より)と定義されているように、国際社会における深刻な人権問題として位置づけられています。それを、一般社会と隔たりのあるケースにおいて「○○難民」と安易に定義づける傾向を私たちは危惧しています。

私たち(一社)日本複合カフェ協会(JCCA)は、全国のインターネットカフェやまんが喫茶を代表する唯一の業界団体として健全な複合カフェ市場の形成に努力しています。特に協会加盟店舗においては入店時に本人確認を励行し、安心して店舗をご利用いただけるよう会員制を採用しております。

また、インターネットに係る犯罪防止のためにリカバリーソフト(履歴消却ソフト)の導入を励行しておりますし、青少年が深夜たむろすることを禁ずるため深夜の入店制限も業界ガイドラインに示しております。

このように私たちは複合カフェ業界の健全な発展のために日々努力しておりますので、あたかも一部利用者が「ネットカフェ難民」と定義付けされる様な一部報道に、業界を代表して遺憾の意を表します。

JCCA-日本複合カフェ協会

この後半部分からは、

ネットカフェ難民なんていう言葉は本人たちを不当に蔑んでるんじゃないか!

という抗議よりむしろ、

どんな名前で呼ぶにしろ、その「一部の客」がしていることによって、ネットカフェ全体のイメージを下げないでほしい!

という意味での抗議の意志のほうを強く感じるからです。

ともあれ、僕もやみくもに誰かが嫌がる言葉を遣いたいわけではないのですが、この「住居喪失不安定就労者等」という言葉では、調査方法やその本質から言っても充分に本来の意図を表しているとは思えないことと、「難民」の定義をどうするかを置いておいたうえで、ともかく

「困っているひとがいて、そのひとたちがネットカフェの存在によって少なからず助けられている」

という点から見れば、この言葉は少なくとも僕にとっては、ネットカフェの品位を不当に貶めるものではなく、むしろ

「ネットカフェの社会的意義を示している」

とさえ思えると捉えているということから、ここでは基本的に「ネットカフェ難民」という言葉を遣うことにします。

これはほんとにいろんなことを示唆している調査結果だと思うけど、まずそもそもこれは、あくまでも

「東京都の独自調査としては初めて」

ということであって、全国規模のものだったら、過去にも似たようなものがあった。それがこれだ。

住居喪失不安定就労者等の実態に関する調査報告書

そしてこの2つを見比べてみると、さらにいろいろなことが、見えてくるんじゃないかと思うんだ。

2007年(今から10年前)と比べて、ネットカフェ難民は、明らかに増えている

まず今回発表された東京都の調査結果が基本的に去年から今年にかけてのデータを下地にしているのに対して、厚生労働省が全国規模で行った過去の調査は2007年に発表されたものだ。だからこれは今からだいたい10年前だと言えるんだけど、そのときの発表をまとめたニュースには、こう書かれている。

また、1日の利用者数ベースによる住居喪失不安定就労者等の数をみると、ネットカフェ等をオールナイトで利用する「住居喪失者」は1日あたり全国で約4,700人、うち「住居喪失非正規労働者」は約2,200人、「住居喪失短期労働者」は約1,500人となっている。厚生労働省は、調査日にはネットカフェ等を利用せずに調査の対象外となっていた者もいた可能性があるとして、オールナイト利用の頻度のデータを用いて「常連的利用者」の存在数ベースの住居喪失不安定就労者等の推計値も算出しており、ネットカフェ等を週の半分(3~ 4日程度)以上オールナイト利用する「常連的利用者」である「住居喪失者」は、全国で約5,400人。また、「住居喪失短期労働者」は約1,700人としている。

 住居を持たずに漫画喫茶やネットカフェのオールナイトを利用して、生活を送る人たち、いわゆる「ネットカフェ難民」について、厚生労働省が実態調査を行った。

つまりこのときは

ネットカフェ等をオールナイトで利用する「住居喪失者」は1日あたり全国で約4,700人

と書かれていたのが今は

「東京都内だけで4000人」

になったっていうことだ。ちょっと見づらいけど基の資料も照らし合わせて確認すると、このことは資料の11ページにある

「表5 <1日の利用者数>ベースの住居喪失不安定就労者等の推計値(人)」

に示されている。そしてそこには内訳として、

東京23区内 約1,800

っていうのも示されている。っていうことは単純に言って、

調査の主体は違うにせよ、同じ「公的な調査」において、ネットカフェ難民は、少なくとも東京都では、10年で2倍になった

っていうことだ。

今、いわゆる「ホームレス」のひとたちの数は、減少傾向にあるとされている。

厚生労働省が2017年5月23日に発表した「ホームレスの実態に関する全国調査」からも、ホームレスの減少は明らかだ。

ホームレスとは、「都市公園、河川、道路、駅舎、その他の施設を故なく起居の場所とし、日常生活を営んでいる者」と定義されているが、2013年調査では全国で8265人のホームレスがいた。

しかし、2017年調査では5534人(男性5168人、女性196人、不明170人)と、13年と比べて2731人(33%)も減少している。

最近、図書館に行って気が付いたことがある。この時期になると、図書館には必ずホームレスと思しき人が、開館とほぼ同時に涼みにやってくるのだ。冬場も同様に、暖を取りに来ていた。ところが、おそらくはこの10年ぐらいだろう、こうした人たちは減り、現在ではほとんど見かけなくなった。

でも、もしこれが前にここでも書いた

「ニート」っていう用語は、2004年頃から日本でも遣われるようになったらしいんだけど、今ではもう幅広く知られたものだと思う。だけどこないだ、...

とかのことと同じように、ただ

「もっと見えにくい場所に移った」

っていうのが大きく影響しているんだとしたら?やっぱり話は、そう単純じゃないんだと思う。

完全ではないにしろ、いろいろ道はある。でも問題は、「その道を選びたい」と思えるかどうかだと思う

だからこういう問題は、簡単に解決できるはずもない。ずっと真剣に、考えていかないといけないと思う。ただそれでも、現時点でもいろんな「道」はある。たとえば

「住所を持っていない」

ということ自体が職探しとかに大きな障碍になることに対して、埼玉県の

京浜東北本線JR蕨駅西口から徒歩30秒のインターネットカフェ・漫画・まんが喫茶。24時間営業、長期滞在格安料金、個室ナイトパック宿泊、シャワー

では、行政と正式に連携して、長期滞在者に「住民票」を発行することで対応する道を拓いている(このカフェ自体は他の地域にも展開しているけど、どうやら住民票登録ができるのは、今のところ蕨市の店舗だけみたいだ)。
それにこのことについては、こんな報道もあった。

都心から電車で約30分の埼玉県南部にある街。ビルの2階と3階を占めるこのネットカフェは、総部屋数が約70。6年前よりも部屋数は倍近くに増えていた。店の棚には漫画が置かれ、飲み物は無料で、シャワーも完備する。

一見、普通のネットカフェだが、夜をここで過ごす人たちが「住民登録」できる、日本で数少ない店だ。定職に就きたくても住所不定だと面接すら受けられない。そんな人たちを支援するため、店側が市役所と協議し、ネットカフェで1カ月以上長期滞在すれば、住民登録することができるようにした。店長によれば、現在の「住民」は約30人。30代後半から50代後半の男性が中心だという。

 アベノミクスが醸し出す曖昧な好況感の陰で、確実に広がる「ブラック社会」。その現場を歩いた。 10月下旬の夜8時過ぎ。人波に揉まれながら駅の改札を抜けて外に出ると、徒歩1分ほどの雑居ビルに、目指す「ネ...

あと、これは現時点で僕にははっきりとした1次資料が(少なくともネットでは)見つけられてないんだけど、今回のことをいろいろ調べてたら、

東京都では半年以上、都内で暮らした人に1日500円で物件を貸与し、ヘルパーなどの資格取得のプログラムを用意している。

TBS「NEWS23」で紹介されたお店や商品の一覧です。当日に放送された情報もタイムリーに更新しています。

っていう話もあった。

それに、なによりずっと前からある「生活保護」の制度を活かせば、たとえ今住むところもなにもなかったとしても、なんとか生活の目処を立てていける道はつく。だからやっぱり、確実に「道」はあるんだ。

だけど、だからこそ「ほんとに根深い問題」は別にあるんだと、僕はずっと思っている。それが「意識」の問題だ。

それはたとえば、さっき挙げた今回の調査結果概要でも、

住居を確保することに対する姿勢については、「住居を確保したいが、具体的な活動・努力(貯蓄など)はしていない」とする者が多い(47.4%)。一方で、「住居を確保したいと思わない」とする者が、24.5%に及んでいる。

相談したことがある場所では、「ハローワーク」(39.1%)が最も高く、これに「区市町村の生活・就職相談窓口」(22.9%)、「福祉事務所」(14.9%)が続く。一方、「どこにも相談したことがない」者が37.7%おり、相談できる場所があることを知ってはいても、実際相談するに至っていない者が存在する。

生活や健康、就労に関する相談場所を利用しない理由としては、「特に相談する必要がないと思うから」(39.9%)が最も多く、必要性を感じないことが最大の阻害要因となっている。一方、「過去に相談した際に断られた」(31.7%)、「相談の手続きが面倒だから」 (30.9%)という者が約3割みられる。

っていうようなことが書かれていることからも読み取れると思う。そしてこれは確かに、

「未来に対する諦め」

でもあるんだろうと、僕は感じるんだ。

だけどこれは、単に「個人的な意識」だけの問題じゃない。個人の意識っていうのは、確実にその周りの、社会の意識とつながっている。だからこういうのはやっぱり、社会全体の問題なんだろうと思うんだ。

「家」の原点=羽根を伸ばして安らげる場所っていうのがもっとあればいいと思うし、僕もほしい

僕は、今までネットカフェに入ったことがない。もっと言うと、東京に行ったことはあるけど、「生活」したことはない。そして僕には、今自分の「居住空間」がある。だけど、

もし僕が今の場所にいられなくなったとき、ネットカフェが選択肢に入るか?

って考えたら、即答で無理だと断言する。それどころか、僕は一般的な「公営住宅」ですらそもそも入れないことも多い。単純に、僕が生活できる環境がないからだ。だから前にも

この時期は春からの新生活に向けて「部屋探し」をするひとも多いと思う。僕も今部屋を借りて生活しているんだけど、せっかくだからそんな僕の部屋探し...

っていうのを書いたことがあるけど、「僕がいられる場所」っていうのを見つけるのは、かなり大変だ。そしてこれは、「非常時」にはもっと顕著になる。だから僕はよく

もし今いる場所に大災害が起きたら、僕は「避難所」で暮らせるんだろうか?

っていうのを考えてみる。でも、まったく自信はない。

でもそれはあくまでも

「最低限の形式的な話」

であって、本当の「生活空間」っていうのは、もっとあったかい場所であってほしいと思ってるし、その想いは自然だと思ってる。いくら「設備」が整っていても、僕にとっての「病院」は、「養護学校」は、「生活空間」じゃなかった。それにそれは、ほんとは

「血縁者がいる/いない」

とかそういう「表面的な要素」が、必ずしも影響するわけでもないと思う。

だからその意味で、

「家」の原点=羽根を伸ばして安らげる場所

っていうのが、もっと共有されていけばいいと思う。それはある意味では「高望み」で、

まずは最低限の形式を整えてから理想的な理念を考えようよ!

っていうのも一理あるとは思うんだけど、

まず理想的な理念を徹底的に考えてから、それに近づくための形式を試行錯誤していこうよ!

っていう気持ちも、僕のなかには確実にある。そしてこのふたつは、ほんとは、「両輪」なんだと思う。だから僕も、どんな問題も簡単には解決しないことを重々わかったうえで、それでも僕なりに、ずっとずっと、考えて、表現していきたいと思う。

トップへ戻る