赤鼻のトナカイ

広告
サンタクロースとトナカイ

真っ赤なお鼻のトナカイさんは いつもみんなの笑いもの。

でもそれはもう昔の話で、そう去年あの日にサンタさんが、トナカイさんが役に立つんだと、はっきり伝えたものだから、一気にトナカイさんはもう、今やみんなの人気者。

でもそうやってトナカイさんが人気者になればなるほど、サンタさんはトナカイさんを、なぜだか避けて通るのでした。

だからその年のクリスマスの日、トナカイさんはサンタさんにこう言いました。

サンタさん、サンタさん、どうしてずっと私を避けるんですか?私が寂しくしているときは、誰より優しかったあなたが、私が人気者になったとたん、急に僕を避けるだなんて!これじゃあまるでサンタさんは、「独りでかわいそうな私」が好きだったみたいだ。だから「人気者になった私」は、もうあなたには必要ない。興味もないということだ。実はそういうことなんですか?

するとサンタさんは、すぐに否定しました。

いや…そうじゃないんだ。違うんだよ

じゃあ、いったいどうして!

食い下がるトナカイさんに、サンタさんは少し苦笑いしながら、こう言ったのです。

ほんとは私は、たくさんのひとたちがいる前でうまく振る舞うのが苦手なんだ。だからお前があまりにも人気者になったものだから、少し、近寄りにくくなってしまってね。でも、私はよかったとも思ってるんだ。だって今のお前は、前よりあたたかい空気のなかで、楽しそうに過ごしているからね。だから今やお前のほうこそが、私を必要としていないのではないかな?だからお前は、好きに生きていいんだよ

これを聴いたトナカイさんは、少し怒って言いました。

そんなの勝手な思い込みですよ!私はあなたのそりを引くことが、こどもたちにプレゼントを届ける、あなたのかけがえのないお仕事を手伝うことが、なによりなにより、うれしいのです!それは私の「義務」ではなく、「強制」されたものでもなく、ただ私が「好きに生きた」結果として、引き受けていた楽しみなのに!それに今さらあなたが独りになったって、あなたがたった独りでは、世界のすべては言うまでもなく、たとえひとつの国にしたって、配りきれはしないでしょうに!あなたが「サンタクロース」を、義務ではなく喜びとして、惰性ではなく冒険として、引き受けているのであるのなら、そのお伴には私がきっと、必要であることでしょう!だって暗い夜道をピカピカ照らす、真っ赤な鼻を持っている、それが私であるのですから!

ですがそれでも、サンタさんは言います。

だがそれは、「私がお前を必要としている理由」であって、「お前が私を必要としてる理由」ではないのではないか?だからお前こそ「惰性」ではなく、もう一度よく考えて、自分の生きる人生を、選んでもいい。いいんだよ

でもトナカイさんも相変わらず強い調子で言い返します。

「自分が必要とするもの」が必要なのと同じくらい、「自分を必要としてくれるもの」も必要だということなんですよ!そして「自分を誰よりも、うまく活かしてくれるひと」もね!私のこの真っ赤な鼻を、そしてこの足このからだを、いつでも他の誰よりも、素晴らしく活かしてくれるのは、サンタさんあなたなんですよ!それを私はこないだ以来、むしろより強く確信した!それにサンタさんあなたがいつも、おとなの前には現れず、こどもたちにだけ現れるのも、そういうことだと思ったのです!それなら今の私の気持ちを、わからないとは、言わせないですよ!

サンタさんは、静かに、でもとてもいい顔で笑って、言いました。

ありがとう。トナカイさん

でもそう言われたトナカイさんも、少し泣きそうになりながら、でもとてもいい顔で笑って、言いました。

こちらこそ、ありがとうございます、サンタさん。でも私にお礼を言うのは、まだ早いですよ。お仕事は、これからなんですからね

こうして、今年もサンタさんとトナカイさんは、夜に向かっていったのでした。また来年も、きっと、お会いしましょうね。

トップへ戻る