ありふれたメビウスの輪

広告
黄色いメビウスの輪

父は世間に縛られ

兄は父に縛られ

母は兄に縛られ

弟は母に縛られている

したがって誰も身動き取れぬ

あなたは嗤ってそう言った

 

確かにあなたの言うとおり

その法則はほぼ万能で

実例の数 あまりに多く

言うまでもなく ありふれている

 

だけどね だったらそれを認めて

逆に活かすが こちらの観点

だからね 僕も考えた

さぁどうしよう? さぁどうしよう?

 

そうだそれなら逆回転だ

まず弟を なんとか解けば

弟は次に母を解く

そしたら母は連れ合いの父

それから兄に対しても

少しはゆとりを持つようになる

そうすれば あとは兄と父

歩みはたとえ 少しずつでも

確かに変わっていけるだろうと

 

いえいえ そうはさせません

それなら 父をふたりにしよう

母を「父」とし 世間で縛り

心ないほど 忙しくすれば

やはりこちらが勝つでしょう

思考停止の 蟻地獄です

 

「思考停止」はあなたの十八番

だけどほんとの 思考停止は

誰でもなくて あなたのほうだ!

そんな「定番のマニュアル」で

将棋の駒でも 動かすように

世界を眺めているあなたでは

世界の動きについてこれない

そもそもあなたのその「マニュアル」の

基になってるデータを取って

今のあなたとは違うかたちで

活かそうとしたのは僕たちだ!

現場から離れて錆びついた

時代遅れの感性が

どこまで未来に通用するか

答えはいずれ 必ず出るさ!

 

まぁゆっくり見ていたらいい

なんたってあなたは僕よりも

ずっと時間を持ってるんだから

だけどね 「時間がある」ってことは

必ずしもしあわせを意味しない

だってその「有り余る時間」こそ

決断を遅らせる言い訳にもなる

だったらむしろそれは明らかに

あなたの進歩を遅らせている

ありふれたパズルで遊んでる間に

新しい世界を創れるのに

 

まぁゆっくり見ていたらいい

僕は門限があるのでこれで

トップへ戻る