お前にだから命じよう

広告
高貴な王冠

なぜ命令なさらないのです?

命令を待っているのです

あなたにはその権利があるし

それを選べる立場にもある

それなのになぜいつまでも

なにも命令なさらないのです?

 

かつては俺を王と呼んでた

ひともいたような気がするが

実際に命を下してみたら

「傲慢な王」と罵る始末

そうだつまりは彼らはみんな

聴きたい命を聴かせろ!

と俺に命じていただけなのだ

 

それならばいっそ下僕のように

世界の依頼を聴いていようと

むしろこちらが世界のほうを

宥め依頼し懇願し

そのうえでなお身を粉にして

尽くしてみようと思ったら そう

いつしか命令どう出すかなど

意識のどこか片隅に

忘れてしまった 見失ったよ

 

ええ そうですね

それでもそれは あなたの失点汚点というより

あなたの意図を理解せず あなたの愛を理解せず

深部に想いを馳せられるほど あなたの言葉を理解できない

受け手のほうの問題なのです

 

私は当時こどもでしたが

だからこそ過去のおとなたちから

あらゆる失敗誤解を学び

今こそあなたの命を受け

正しくそれを実践できる

寄り添い深めて拡げていける

今の未熟も認めたうえで

明日ならきっとさらに正しく

あなたの命を実践できる

それが私の力なのです

覚悟を秘めた 力なのです

 

そうかそこまで言うのなら

もちろん結果を出すのだろうな?

言葉や過程 約束ではなく

実績を以て 語れるのだろう?

 

もちろんそれができないときは

他の国では肥料にもならず

ただ滅されるだけの私です

だからこそこのいのちを懸けて

されどいのちを棄てることなく

あなたの期待に 応え続けましょう

 

そうか それならもういちどだけ

世界をひとを 信じてみよう

そしてお前にだから命じよう

誰がどんなにこの俺のことを

暴君と罵ったって

それで傷ついた俺がお前を

「出て行け!」と罵ったって

それでもお前だけはいつだって

いつまでもこの俺の傍で

永遠に俺を愛し続けろ!

できるんだよなぁ? そう言ったよなぁ?

 

ええ もちろんです

しかも私は あなたの傍以外には

行きたくたって 行く場所もなし

それにもちろん 行く気もないので

そんなことなど 簡単ですよ

 

細かい話は もうどうでもいい!

要するにできるのかどうか!

できるんだよなぁ? そう言ったよなぁ?

 

ええ それにいつかそれだけでなく

あなたの想像すら超えましょう

まずは明日を楽しみに

おやすみなさい

おやすみなさい

トップへ戻る