嵐のなかでもだからこそ

広告
飛び去っていく飛行機

ねぇなんでまた こんな日に?

ねぇなんでまた あんなところに?

もっと晴れやかで穏やかな日を

もっと近くて賑やかな場所に

選べばいいのに 行けばいいのに

ねぇなんでまた? ねぇなんでまた?

 

だってそもそも 今日が晴れなら

ここに苦しみが ひとつもないなら

ここで過ごせば いいだけでしょう?

でもね ここにはいられないから

もう耐えるのも うんざりだから

嵐のなかでもだからこそ

私はあそこに行くんです

なにをそんなに 驚くんです?

 

ひとつ呼吸を整えて

ふたつの足で よく踏みしめて

3度もご飯 食べる目的は

しあわせになる ためなのだから

五里霧中だと 思えていても

無理はしないで 向こうにも待つ

七福神の 笑顔を感じ

やっと出逢える 喜び胸に

9回裏のこの局面から

飛び込んでいく この新天地

独りではない その場所だから

 

これ以上縁を深めるな!

これより先には行かせない!

あなたはなにを言ってるのやら

もう縁は深まってるし

もう先に行ったからこそ

私はここにいるというのに

 

だから私は 気を取りなおし

涙を拭いて 顔を上げたら

約束どおり あなたに問おう

ねぇ 君の名は?

そう 君の名は?

トップへ戻る