箱庭からはもう出るよ

広告
遊園地のミニチュア

「遊びたい」という想いはね 愛よりもずっと純粋だ

言ったあなたは強かった

それに確かに 楽しんでいた

 

あなたが僕を世界唯一の

遊び相手と認めてくれて

ずっと遊びを考えてたのは

どこかで確かに 嬉しくもある

だけどその遊びの目的が

僕を困らせることならば

僕はもうそろそろここで

このゲームはね 終わりにしたい

 

鬼ごっこに 神経衰弱

じゃんけんに 爆弾ゲーム

あなたがそれをしていたときの

眼の輝きは忘れない

でもあなたの その純粋さには

やはり狂気も 混じっていたね

好きなひとだからいじわるするの?

大好きだから困らせたいの?

あなたは確かにかわいいこども

だけどいつまでもこどもでいれば

いちばんいいというわけじゃない

 

ルールのなかで遊んでいれば

好かれることを望まなければ

それは確かに安らいだ

パニックのない世界かもしれない

だけどそこから出ることは

穢れることじゃないんだよ?

 

ルールなんか創り変えなよ

好かれたいと思ってごらん?

不安定さのその奥からさ

香しいもの見つけられるよ?

いいじゃないか 未知が増えても

ときには震えて泣いてみたって

自分の心が動くこと

それがなにより 楽しいことじゃん?

 

僕もそろそろ違う遊びを

やってみようと思えたからさ

自分をしあわせにするゲーム

苦さ耐え抜く ゲームじゃなくね

だから箱庭はもう出るよ

もしもあなたが同じ遊びを

一緒にしたいと思ってくれれば

僕はいつでも付き合うからね

みんなでやったほうがいいんだ

 

それに僕がもしほんとにね

しあわせになれたとしても

あなたのことを忘れたりしない

もう遊ばないと言ってるんじゃない

ただ遊びの種目を変えるだけ

そこにあなたも いてくれたなら……

 

どんな遊びをするのも自由だ

でも僕はもうここを出る

カギがないなら創ってみせる

それだって今の遊びだね

ほらできたでしょ? ねぇできたでしょ?

本気でやれば 本気でやれば

 

だから僕はそろそろ行くよ

待っているひとがいるからね

次は外の世界で会おう

新しい海に 出てみたらいい

トップへ戻る