言葉を合わせ、想いを合わせ

広告
色とりどりの紫陽花

こんな複雑な世界のなかで

一緒の想いを持てたのならば

どうかそれぞれ離れずに

ともに支えて 深め合いたい

 

けれど そのための道筋として

道標として 灯台として

想いを合わせるきっかけとして

どんな言葉を紡げばいいか?

 

世界から「バカ」をなくそうよ!

それじゃあ少し 修辞が過ぎる

もっともっとよく考えて!

どの方向に? なにをするため?

よりよい世界にしたいから!

「よい」とはなんだ? 誰が悪いの?

 

言語はあくまで「大枠」であり その意味はそれぞれ違う

なぜひとはわかり合えないか?

遣う「言葉」が違ってるから

同じ日本語? 同じ英語か?

そんなことはない そんなことはない!

 

だからもっとよく考えよう

僕らはなにを したいんだろう?

僕らはなにを 拡げたいんだ?

 

お腹が空いたら苦しいよ!

痛いの続けば泣けてくる!

自分を大事にしたいんだ!

あなたのことを憎みたくない!

 

そうだね 僕も同じ気持ちだ

だからその気持ちを餌にして

言葉を編もう 育てていこう

あなたにわかってほしいから

自分の想いに向き合いたいから

 

そうだ僕らは楽しみたい!

あなたの力を見せてほしい!

僕の力も見せたいよ!

喜び合って 笑っていたい!

4つ見つけてしあわせになる

 

自分を責めず 相手を責めず

決して誰かを蔑まず

そして見棄てず 見放さず

一緒にここで 生きていたいよ!

8つ見つけて無限に拡がる

 

そうつまり 僕たちの願い

愛を知りたい 認め合いたい!

愛し愛され 愛し合いたい!

そんなことはできないなんて

もう絶対に 諦めたくない!

 

それならみんなでやっていこう

できることから できるぶんだけ

みんなの花を持ち寄って

やがて大きな紫陽花つくる!

 

いい感じだね いい感じだね

それじゃああとはまた後日

まずはゆっくり羽根を伸ばして

のんびりぐっすりおやすみなさい

トップへ戻る