独占欲の究極

広告
愛の命令

俺だけを見ろ

俺だけを聴け

俺のことだけを口にしろ

俺だけを感じていればいい

 

いっそ俺がお前の眼になろう

耳になって手足となろう

血液となって酸素となろう

そうすれば俺がいないとき お前は生きることができない

 

俺が触れたときだけは生き

そうでないときは死んでいろ

そしたらすべての体験を

ひとつ残らず わけられるから

誰もお前に気づかなければ

奪われることも 決してないから

 

そしてこんな俺といるのを

決して拒むな苦しむな

すべてをともに喜びにしろ

そして永遠に傍にいてくれ

それがお前の義務なのだから

すべての核に 入った君の……

 

俺はお前を愛している

誰にも言うな 誰にも言うな

愛していると言わなくてもいい

かたちにするな 吹いて飛ばすな

言ったらさらに愛を深くしろ

俺のこの愛に負けないように

トップへ戻る