言葉が生まれてから

there isn't a word in the dictionary to describe how I feel about you 詩・物語

言葉が生まれてから

考えが爆発し始めたよ

気になることがたくさんあって

次から次と取り留めがない

 

もしも言葉がなかったら

お互いをもっと見ていたかもね

想いをかたちに嵌められなくて

苦しむこともなかったのかも

 

だけど言葉が生まれてから

ちゃんと自分に向き合えるようになったよ

想いをちゃんと伝えるため

言葉を選べるようになったよ

だから私が生まれたことを

苦しいことと思わないでね

私は未来に想いを送り

大切なものをつなぎ留めるよ

 

あなたのことが大切なのに

大切じゃないと思わないように

私を通して自分の姿を

もっともっとよく見つめられるように

心に嘘をばら撒いて

素直な気持ちを忘れないように

 

だいじょうぶだよ 私は育つ

想いを糧に ふんわり包む

だけどその気持ちには

急いで名前をつけなくていい

初めて生まれたその気持ちは

とても愛しいものだから

 

そんなときはただ寄り添おう

言葉が生まれてくれたから

言葉にならない想いを知った

いつかはちゃんと伝えたいけど

今はただただ想いを送る

それが心に通じ合えれば

今このときに 言葉は要らない

コメントをどうぞ