とりどりみどり

広告
小屋で静かに佇む高貴な鶏

悟りたいとか考えずに

緑を見取り

空気を嗅ぎ取り

取り入れるものをよく選び取り

通りにあふれる言葉に取り込まれず

ゆとりを持って

しっとりとした雨も楽しみながら感じ取り

そんなふうに味わえたなら

人生は とりどりみどり

 

そんな理想どおりには なかなかいかないけれど

とりあえず

鶏じゃなく 大豆唐揚げを食べて

まめに暮らそう

トップへ戻る