涙で虹が架かるまで

山に架かる二重の虹詩・物語

泣くんじゃない、笑ってみろ!

なんて言われてこんなふうになったんだから

中途半端に歪むくらいなら

笑うんじゃない、泣いてみろ!

怒ってもいい

憎んでもいい

叫んでも暴れても狂ってもいい

どの道最後は 泣くしかないんだから

 

雨降って地は固まらず

地割れが起きて とことん落ちて

そして空へとつながって

涙で虹が架かるまで

 

それは過去と未来をつなぐ虹

願いを現につなぐ虹

すべてなくしたはずのところから

なぜこんな色が出てくるんだろう?

ありがたいなぁ

嬉しいなぁ

そうやってずっと泣いてるうちに

やっと笑顔になれたよね

このことずっと憶えていよう

 

これは私とあなたの物語

誰もが誰かの繫ぎ手だから

これはみんなの物語

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020 Yotubai Otona

コメントをどうぞ