どろとろろ

広告
漆黒の世界に咲く1輪の睡蓮

胸のうちにある得体の知れないものに気付いたらどうする?

今までの世界が一瞬にして壊れたらどうする?

答えの見えない問いにもがきながら

僕たちは泣きながら笑い

怒りながら求め

憎みながら愛そうとする

 

「良薬は口に苦し」だなんて いったい誰が言ってるんだ?

なんで甘い薬を作ってはくれないの?

確かに甘さは劇薬だ

際限のない欲望は やがて自分を圧し潰す

でも苦いからといって それが良薬だとは限らない

苦味はあくまでも苦味だ

そしてそれは ただ純粋な毒かもしれない

 

わかってる

これは信仰なんだ

この苦味が良薬だとは限らない

いつまで続くかもわからない

けれど「良薬は口に苦し」

この言葉を知っているなら

もう少しだけ 耐えられるかもしれない

 

信仰ついでにもうひとつ

「苦しみは成長の糧」

すべてはしあわせへとつながる

わかってる これも信仰だ

でも信念もないままに

どうやって生きればいいというの?

 

胸のうちにある得体の知れないものに気付いたらどうする?

それでも自分のなかにあるなら

ずっと向き合う以外にはない

すべては意志と時間のなかで

ゆるりゆるりと溶けていく

わかってる これも信仰だ

でもこれこそが 真実でもある

なぜならそれを 今見てるから

 

今日も溶けていく

どろとろろ

月を見ながら 弦を弾く

トップへ戻る