『Money Suit Social Experiment!』。「必要なお金を取ってください」と言われたとき、あなたならどうする?

広告
Coby Persin Money-Suit Social Experiment! 開始

昔から、

タダより高いものはない

なんて言い回しもあるけど、やっぱり「無料」っていう言葉には強い魅力がある。今はたいして欲しくないはずのものでも、

無料でお持ち帰りください!

なんて言われると、ついついもらっちゃったりとかね。ポケットティッシュでも、なんでもそうだ。じゃあ、その「究極形」を突き詰めてみると、そこにはひとの心の、どんな姿が見えてくるだろう?そのひとつの答えは、こんな社会実験のなかにあるかもしれない。

「必要なぶん、取ってください」。そう言ってむき出しのお金を差し出されたら、あなたならどうする?

その社会実験っていうのがこの

Money Suit Social Experiment!

お金スーツで社会実験!

だ。

この動画は3分くらいにまとめられた見やすいものだし、英語がわからなくても概要は掴みやすいと思う。

Take what you need

必要なぶん取ってください

と書かれた板を持ちながら、お札が貼られたスーツを歩いてみたらどうなるか?

これが彼(Coby Persinさん)の実験だ。すると、さっそく彼のお金を取りに来た男のひとがいる。だけどそのひとは、ほんとにお金を必要としてるようには見えない。だからそれを訊いてみると、彼はこう言った。

I don’t need it, but It’s free.

Who wouldn’t take it?

「必要」ではないよ。でも無料だろ。

もらわないひとがどこにいる?

Coby Persin Money-Suit Social Experiment! ある男性の場合

そう言い切られたら、それは確かにもっともだ。だからコビーさんも彼をそれ以上止めることはなかった。

そしてそのあとも、たくさんのひとが、それぞれにとって「必要」な額を、受け取っては去っていった。それに「必要」っていうのは、確かにひとそれぞれだ。たとえそれが、「ネイルの予約」だとしても。

Coby Persin Money-Suit Social Experiment! ある女性の場合

「あとは他の誰かにあげてくれよ」。そう言ったひとは、お金持ちではなかった

そんななか、彼にある男性が声をかけてきた。彼は路上生活者みたいだ。そしてやっぱり彼も、コビーさんのお金を必要としてた。だけどその額は、今までのひとたちよりずっと少なかった。明らかに、彼のほうが「必要」としてるように見えるのに。だけどその意志を確認するコビーさんに向かって、彼はこう言うんだ。

Just give it to other people

あとは他の誰かにあげてくれよ

Coby Persin Money-Suit Social Experiment! ある路上生活者の場合

それに感銘を受けたコビーさんは、彼と笑顔で握手を交わす。これで、実験は終わる。そして最後に伝えられるのは、

You have succeeded in life

when all you really want is only what you really need.

あなたは人生の成功者だ。

もしあなたが欲しいものが、あなたがほんとに必要としてるものだけになったなら

Coby Persin Money-Suit Social Experiment 終わり

っていうメッセージだった。

資本主義者としては、彼以外のひとのほうが明らかに正しい。でも彼の笑顔は、確かに力が宿っていた

ただ、この社会は資本主義だ。そしてそれは、今や社会のほぼ全域を覆い尽くしている。だからみんな、そのなかで生きている。そしてそんな「資本主義者」としては

無料だろ。もらわないひとがどこにいる?

って言っていたひとたちのほうが明らかに正しい。

だってそれはまぎれもない「力」だからだ。そして彼らはそれを知っているから、そしてそれを思いきり追求してきたから、資本主義においてそれなりにうまくやっているとも言える。対して自由に受け取れる力すら受け取らずに控えてしまうひとはどうなってる?路上生活者じゃないか!だからその「態度の差」は、歴然としてそれぞれの在り様に表れている。そしてこれからも、基本的にはその差は拡がっていくだろう。この社会が今採用しているのは、そういう仕組みなんだから。

だけどそれでも、そんな「無力」な彼の笑顔には、彼以外のひととはまた違う種類の、だけど確かな「力」が宿っていた。だからきっと、彼はしあわせなんだと思う。僕はそう思った。

だから僕はあなたにも、彼のその「力」を、ぜひよく見てみてほしいと思う。そしてそれぞれが、それぞれにしあわせになれたらいいと思う。そしてもちろん僕も、そうなりたいと思う。

コメント

  1. さなぎ より:

    世界中の人たちが、それぞれにしあわせになっていいはずなのに。

    ペイフォワードのトレヴァーの純粋なアイデアが
    なぜか、現実の世界では、うまく機能しない。

    スタートレックのホロデッキの中だけしか
    しあわせを感じ続けることはできないのかも。

    シャボン玉のように、触れると弾けて消えてしまうのかな。

    • さなぎさん、こんにちは。

      確かに僕にとっても、しあわせをしっかり感じて味わい続けるのは、とても難しいです。

      でももししあわせがシャボン玉のようなものなら、僕はできるだけ静かに包み込んで、割れたらまた、吹いてみたいと思います。

トップへ戻る