エックスサーバーとzohoメールを連携して、独自ドメインのメールアドレスを活用しようと試行錯誤してます

広告
ドイツの黄色い郵便受け

あなたは、どこのメールアドレスでやりとりしてる?

ガラケーがほとんど下火になってきて、スマートフォン所有者が増えてきていればなおさら、いわゆる「キャリアメール」(携帯電話会社のアドレス)じゃなくて、パソコンと同じフリーメールを活用してるひとも多いと思う。僕はガラケーなんだけど、もともとメールのやり取りは、基本的に文字を打ちやすいパソコンでしかしないから、フリーメールを活用していた。

それはプライベートだけじゃなく、この『四つ這いおとな』でもそうだったんだけど、そんなふうに大切な「ネット上の住所」のメールアドレスに、つい昨日深刻な問題が起きたんだ。

突然メールのサーバーが不具合を起こして、送受信ともできなくなった

僕が朝普通にメールサービスにログインして、夜のうちに来ていたメールに返信しようとしたとき、異変にすぐ気付いた。メールが「サーバーへの接続エラー」を起こして、送れなくなってしまったからだ。

それに、少し試してみると送信だけじゃなく、受信さえできなくなっていた。しかもさらに深刻なことには、それは他のユーザーにも起きていて、その間に送ったメールは、サーバーにも蓄積されないまま、相手に送り返されてるらしいってことが報告されていた。

唯一の救いと言えるのは、届かなかったメールが相手に送り返されるおかげで、「相手は送ったのに届いてない」(届いてないことに気付かない)ということがないことくらいだ。だけどそれだって全部がそうなってるとは限らないし、送受信ができないメールアドレスなんて、根本的な役割が果たせてない。しかも、いつ復旧するかもわからない。だから僕はこの際、メールアドレスを変えることにしたんだ。

どうせなら、独自ドメインのアドレスにすることにした

でもそもそも、今これを読んでるひとの99.9%は、このトラブルに覚えがないと思う。だって僕のメールアドレスは、GmailでもYahooメールでもHotmailでもない、すごくマイナーなアドレスだから。

だったら最初からもっと利用者の多いアドレスを選べばいいじゃん!

って言われるのもごもっともなんだけど、それだと広告が入ってたり、たまにユーザー情報の流出騒ぎがあったりして、あんまりいい気分はしない。それにもう、そんな頻繁にアドレスは変えたくない。

だからこうなったらとことんやってみようと思って、独自ドメインのアドレスを取得しようと決めたんだ。

アドレスを取得すること自体は、エックスサーバーで簡単にできた

でも実はやってみると、メールアドレスを取得すること自体は、拍子抜けするほど簡単だった。それはエックスサーバーだったからなのもあるかもしれないけど、追加料金も特にかからなかったし、工程も公式の画像付きマニュアルに沿っていけば簡単にできた。

レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|サーバーパネルからメールアカウント(メールアドレス)を追加するための手順を記載しています。
ただこれの唯一の問題は、メールのやり取りがサーバーにわずかながらでも負荷をかける可能性があるってことと、そのメールデータ自体がサーバー容量を圧迫するってことだ。

まぁ、正直ここでやり取りするメールの頻度も量もたかが知れてるんだけど、どうせなら勉強も兼ねていちばんいい方法を探ってみたいと思った。そして調べてみたら、気になる情報があったんだ。

「Zohoメールで独自ドメインのメールアドレスを運用する」っていう魅力的な選択肢

そしたら見つけたのが、Zohoメールっていうサービスだった。

これのいいところは、無料のプランでも

・独自ドメインでメールアドレスを運用できる(1つのアカウントで1つだけ)

・同じドメインに25のユーザー(アドレス)を追加できる

・1つのアドレスにつき容量は5GBもある

・広告は完全になし

っていうふうにいっぱいあった。それで僕もつい

よし、これでやってみよう!

なんて思ったんだけど、実はここからが、長い試行錯誤の始まりだったんだ。

いくつかのページを参考にしたけど、登録画面とか必要な情報が、少し違っていた

それで

こういうときはいつものように素直に検索してみよう!

と思っていくつかのページを参考にしてみたんだけど、

結論から言うと僕が見つけられた限り、そのページの情報は古くなっていて、登録画面とか必要な情報が、少し違っていたんだ。

だからここで最初に、少し手間取ることになった。だからここからはこれを書いた今日時点の最新のスクリーンショットも交えながら、一緒に見ていこうと思う。まず基盤となるZohoメールの無料プランに申し込むには、このリンクから直接飛ぶのがいちばん早いと思う。

ね、ちゃんとアドレスに、”plan=free”って入ってるでしょ?

じゃあきっと、この画面が出てくるはずだ。

zohomail 無料プラン登録画面

そしたらまず最初の注意点は、

右側の「管理者のアカウント」はログインのときのユーザー名になるってことだ。だから、ユーザー名とメールアドレスを分けたいときは、特に気をつけてほしい。

どうやら以前は携帯電話番号の入力が要らなくて、代わりに連絡用(本人認証用)のメールアドレスを記入してたらしいんだけど、今はそうじゃなくなってる。でもだからってここで、

できるだけ個人情報は伝えたくないなぁ……

なんて思って「偽(架空)の電話番号」を記入しちゃダメだ。

だってそのあとその携帯電話宛てに、「本人認証用のコードが書かれたショートメッセージ(SMS)が届くからだ。だからここは、ちゃんとほんとの番号を申告しよう。

とはいえ一応、間違ったときのために電話番号を修正して送りなおしてもらうこともできるから、その点は心配しないでね。ちなみにここでスクリーンショットを貼らないのは、そこに確認のため、ショートメッセージを送った番号が表示されてるからだ。

そしたらこれで、登録は完了すると思う。

次の「ドメイン認証」画面で、何時間も混乱していた

ただ僕がものすごく混乱してしまったのは、次の「ドメイン認証」に関わる部分だった。最初僕はネットで見つけた

を参考にしてた。

その理由はこのページでまさに、僕がドメインを取ったのと同じ、「お名前.com」での設定方法が書かれていたからだ。だからこのページのとおりやれば行けるはずだと思い込んで疑わなかった。

でもこれが、結果的にはそのあと何時間も迷宮に嵌まり込む原因になったんだ。これを何度やってみてもうまく行かない。打ち間違いを何度確認してもダメ。設定の反映待ちかと思って1時間待ってもダメで、もうどうにもならない袋小路かと思ってしまった。

だからもしあなたが同じ環境でやる場合に同じ堂々巡りを繰り返さないために、結論から言う。

もしあなたがお名前.comで取ったドメインをエックスサーバーに載せて運用しているなら、この設定はエックスサーバー側でやってね!

これは僕なりのざっくりとした理解で言うと、この設定に関わる「ネームサーバー」の管理権がエックスサーバー側にあるからってことなんだけど、要するにお名前.comでドメインを取ったからってお名前.comの設定の問題だと思い込まないでねってことだ。これで、僕よりあなたは何時間も節約できる。

そしたらあとは、このマニュアルも参考にしながら、

レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|エックスサーバーで運用中のドメイン名は、サーバーパネルの「DNSレコード設定」よりDNSレコードを編集することが可能です。当ページでは変更可能なレコードの種類等についてご案内しています。

さっきのページ

の説明を応用すればいい。細かく言うと、

「Value」は「内容」に置き換えて考えて、「zmverify.zoho.com」を入力して、「TTL」は無視すればいい(エックスサーバーには、入力欄がない)。

これを設定すると、僕の場合は数秒で設定が反映されて、無事ドメインが認証された。ほんとに、安心した。

そしたら次は上のページにあるとおり「管理者のメールアカウント」を作成する画面が出るから、そこに希望のアドレス(@の前)を記入すればいい。

これであともうすぐだ。……と思ったんだ。

ところが、「MXレコード」の設定でつまずいた(現在進行形でつまずいている)

だけど、このあとがもっと大変だった。というか、今も現在進行系でつまずいている。それはこのあとの手順にある

「MXレコード」の設定が反映されない(なにかが間違ってる?)からだ。

今度はさっきの教訓も活かして、最初からエックスサーバーの画面から設定した。「種別」もMXを指定した。「内容」にはそれぞれ「mx.zoho.com」と「mx2.zoho.com」を記入して、「優先度」も「10」と「20」を割り振った。でもうまく行かない。結果として、未だにzohomail上での送受信がまったくできてない。

これをどうしたら解消できるのか、まだわかってないんだ。

だから現時点では、エックスサーバーのメールサービスを直接利用している

だから結局現時点での状況は、エックスサーバーのメールサーバーで送受信を行っている。何度かテストしたけど送受信はできてるみたいだし、いざとなればこれでもいいと言えばいいんだけど、ここまでやってzohoメールがまったく無意味になっているのは、とても悔しい。もったいない。

それで、なんでこんな中途半端な状態をそのまま報告したかというと、あなたの力を借りるためだ。もし僕と同じようにエックスサーバーを利用していて、zohoメールとの連携に成功してるひと、あるいはなにか少しでも智慧をもってるひとがいたら、ぜひ力(情報)を分けてほしいと思う。どうか、よろしくお願いします。

それにもちろん僕も自分でいろいろ試してみるし、もし進展があったら、随時ここに加筆していきたいと思う。あ、あともうひとつ大切なことを伝えておきたい。

今僕とメールのやり取りをしているひとはとても少ないですが、もし特に11月30日から12月1日の間で(あるいはそれ以外の日でも)、僕に送ったメールにまだ返事がないというひとがいましたら、再度送りなおしていただくか、あるいはコメントなどで確認のメッセージを送ってください(こちらが受信できていない可能性、あるいは逆にこちらからの返信が届いていない可能性もあります)。お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。

ともかく、現時点ではこんな感じですが、早く解決できることを僕自身切実に願いながら、いろいろ試行錯誤してみます。

トップへ戻る