WordPressのサイトに載せる写真(画像)に、代替テキスト(Alt属性)や著作権(クレジット)表記を付ける方法

広告
WordPress メディアタブ

昨日は、僕がこの『四つ這いおとな』に載せる写真(画像)を探すのに活用しているサイトを紹介した。

自由に利用できる写真を簡単に探せる『Dashmote』を、僕もいつも活用している
友達が、自分のサイトを作ろうとしてる。しかも、僕と同じWordPressで作るみたいだ。WordPressは世界的にも利用者が多いから、いろ...

今回はそれに引き続き、近々サイトを立ち上げてるひとへの知識の共有と自分への備忘録を兼ねて、サイトに載せる写真(画像)の取り扱いについてのちょっとした情報を記録しておこうと思う。ただ今日のは昨日のサービスとは違ってWordPressに特化した設定方法だってことは、先に伝えておくね。

写真(画像)に代替テキストを付けておくのは、いろんな意味で大切なことだとわかった

写真はもちろんそのまま表示されるに越したことはないんだけど、もしかしたらなにかの拍子に一時的に表示されなくなってしまうこともあるかもしれない。そういうときに、

ここに載せているのがどんな写真だったのか、言葉で代わりに説明するときの情報を差し込むのが代替テキスト(Alt属性)

っていうものだ。それにこれはウェブサイトの情報を読み上げて把握する目の見えないひとたちや、画像の意味を正確に把握しようとするGoogleとかの検索エンジンに対しても重要な情報だから、できる限り設定しておいたほうがいいのは間違いない。

じゃあそれをどう実践するかだけど、少なくともWordPressの場合はそんなに難しくない。実際の画面で見てみるね。

アイキャッチ画像情報設定画面

ね?ここにまさしく「代替テキスト」っていう欄があるから、ここに書けばいいだけ。簡単だよね。

写真に著作権(クレジット)表記が必要な場合は?

あと、昨日書いた『Dashmote』についての文章では、最初から

無料で、著作権(クレジット)表記が求められてもいないものだけを抽出する

っていう方法を説明したし、僕も基本的にはこの方法で見つけ出したものだけを利用するようにしてるんだけど、場合によっては

著作権表記をしたうえでなら転載できる写真を載せたい!

っていうこともあると思う。

この場合も、さっきの画面で上から3番めにあった「キャプション」っていうところに記入すればいい。そのうえで本来は

WordPressの中でも使用頻度が高いアイキャッチ画像ですが、通常の表示方法だと画像に設定したキャプションはアイキャッチ画像と一緒に表示されませんので、自動的にキャプションも表示させるようにします。

にあるような設定が必要なんだけど、前から言っているようにここは『Simplicity』をペースに作られてるから、

この『四つ這いおとな』のテーマ、『Simplicity』の作者の「わいひら」さんに、僕が勝手に親近感を持っている理由
この『四つ這いおとな』を始めようとしたとき、初めて"WordPress"のいろいろな基礎知識や設定を勉強することになった。そして、サーバーを...

そのカスタマイザーのなかの、「レイアウト(投稿・固定ページ)」のなかにある

先頭のアイキャッチにキャプションを表示

にチェックを入れればいい。それに確か、ここは初期設定でチェックが入っていたと思う。

そうするとたとえば先頭のアイキャッチ画像ならこんなふうに、

『Simplicity』によるキャプション表示機能(アイキャッチ画像の場合)

文中の画像ならこんなふうに、

『Simplicity』によるキャプション表示機能(文中画像の場合)

キャプションが表示される。ちなみに、この画像にはその画像が載っているページのリンクも埋め込んでみた。こういう設定も、代替テキストやキャプションと同じ画面からできるよ。

これからも写真も活用しながら、いろんなことを書いてみたいと思う

ここは基本的に文章を主体としたサイトだし、僕は自分では写真なんて撮れない。でもせっかくだから、これからも少しずつ勉強しつつ、写真も活用しながら、いろんなことを書いてみたいと思う。

トップへ戻る