津久井やまゆり園で起きた「戦後最大級の大量殺人事件」の扱いは、やっぱり僕たちの価値観を反映している

広告
モアイ像たちの影

神奈川の障碍者施設で起きた事件から時間が経って、いろんなひとがこのできごとに言及するようになってきている。

そのなかでも特に代表的なものについては、このページにもまとめられています。

僕も事件の直後から情報を集めて、自分の想いと一緒に、昨日この文章を書いた。

今日、7月26日、とても哀しい事件が起きてしまった。正直これと向き合うのは簡単じゃないし、あまりにも複雑な感情を刺激されてしまうんだけど、こ...

そしてやっぱり、この事件は僕たちひとりひとりの、そして社会の奥底に潜んでいた価値観を、浮き彫りにしたように見える。

「戦後最大級の大量殺人事件」として、この扱いは妥当なの?

まず前提として、今回の事件は、少なくともこの日本において、「戦後最大級の大量殺人事件」と呼んでいいものだ。

それはたとえばこの文章でも、はっきり書かれている。

これは単に被害者の数だけじゃなく、その内容についても言える。

他に類似の事案がすぐに思い浮かばない、珍しい事件です。被害者の人数からしても、戦後最大級の大量殺人事件といえます。

大量殺人はいくつかのパターンに分けることができます。

・戦前の津山事件(※1938年岡山県津山市の集落で、一晩で30人が犠牲になった殺人事件。加害者は自殺)のように、地域に対して強い恨みを持っている。

・日本赤軍(※1972年、イスラエル・テルアビブ空港で銃乱射事件などを実行)やオウム真理教(※1995年の地下鉄サリン事件などを引き起こす)のような自身の政治的、宗教的な主張をアピールするテロ事件。

・近年の秋葉原事件(※2008年発生の通り魔事件。7人が死亡)や池田小事件(※2001年、大阪・池田市の大阪教育大付属池田小に男が侵入し、児童8人が死亡)のように有名な場所で不特定多数を殺害する。

といった、パターンに分類できます。これも日本の殺人事件の特徴でもありますが、容疑者が自殺するケースが多いのです。津山事件もそうですね。

しかし、今回は元職員という報道もあるように、障害者施設という土地勘がある場所を狙い、しかもこれだけ大量の殺人を犯した後に、出頭している。障害者施設を狙って、これだけの大量殺人が起きたというのも珍しい。

一刺しして、怖くて手を離すパターンもあります。何刺しもするというのは、強い継続の意思がないとできません。

今までのパターンとは一線を画している、極めて珍しい事件です。

じゃあ本来、このニュースはもっともっと大々的に報じて、真剣に捉えてもいいと思うんだ。もちろん、今だってかなりの話題にはなっていると思う。でもこれでも、まだ充分じゃないんじゃないかと思うんだ。

こんなことを考えていたら、ネット上の掲示板にこんな話題が出ていた。

もちろんこれは単なるネットの匿名の書き込みだ。だけどこういう書き込みでも実際にはログは記録されていて、悪質なものは逮捕されることもわかっている。それでも書き込むっていうことは、少なくともそれなりには「正しい」(受け入れられる)と思って書いたんだと思う。じゃあそこから、いくつかの意見を引用してみる。

大量殺人???

ただのゴミ整理だろ

ガイジは一人あたり0.1人ぐらいで換算されとるよな

報道の感じは2、3人殺したぐらいやで

ガイジ殺したとこで報道する価値ないからやろ

さらには具体的に、2001年の「附属池田小事件」を引き合いに出して、

宅間の事件とえらい扱いが違うな

と言ったひとに対しての反応として、

ガイジじゃなくて大学の寮とかだったら

通常番組全部飛ぶレベルの大騒ぎだったんだろうな

ガイジは弱者とかいいつつ命が軽んじられてる

あれは将来あるガキを殺した犯罪者

こっちは害虫・雑草を駆除した功労者

扱いが違って当然

そら未来あるガキと未来のないガイジの差よ

底辺がガイジに八つ当たりしただけやからな

なんて意見が出ている。これが「現実」だ。

「障碍者の実態」を赤裸々に見せることは、メディアではタブー?

そしてここには、もうひとつの「理由」が推測されている。

被害者名を公表できないから被害者ドキュメントとか遺族コメとかおおよそ番組を形にするコンテンツが一切成り立たないから

遺族の泣くとこを執拗に撮るとか被害者の過去の功績を振り返るとかできんからな

ただ植松の過去を報道するしかない

僕もこれには一理あると思う。じゃあどうして、こんな状況になっているんだろう?それは、警察の方針なんだ。

相模原市緑区千木良の知的障害者施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件。神奈川県警は26日、事件の被害者の名前を公表しない方針を明らかにした。殺人などの被害者は公表するのが通例だが、今回の事件について県警は「(現場の)施設にはさまざまな障害を抱えた方が入所しており、被害者の家族が公表しないでほしいとの思いを持っている」と理由を説明している。

 相模原市緑区千木良の知的障害者施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件。神奈川県警は26日、事件の被害者の名前を公表しない方針を明らかにした。殺人などの被害者は公表するのが通例だが、今回の事件について県警は「(現場の)施設にはさまざまな障害を抱えた方が入所しており、被害者の家族が公表しないでほしいとの思いを持っている」と理...

でも僕はこれはあまりにもおかしいと思う。だって逆に言えば、

今までのあらゆる事件の被害者遺族は、全国メディアやネットに自分の大切なひとの名前や顔写真、それに卒業文集やらなにやらがぜんぶ出されることを心から納得してたの?

そんなことはないと思う。だけど今のメディアは、SNSでもなんでも利用して、あらゆる情報を流すじゃないか?その姿勢がいいとか悪いとかは別として、それが現代の日本のメディアじゃないか?なのにこういうときだけ「遠慮」したふりをして被害者の実態は隠してしまうなんて、おかしいと思うんだ。これじゃあまるで、障碍者は「タブー扱い」されているというふうに思われてもしかたがないよ。

こんな事件があったからこそ、その「根」に向き合わないでどうするの?

こんな話を友達としていたら、その友達は、

もしかしたら、その遺族も「自分の身内に障碍者がいる」ってことを隠してるのかもしれない。だったら、実名報道とか嫌がる理由もわかる気がしない?

って言ったんだ。この意見は僕にとって、衝撃的だった。でも、もしかしたらその通りなんじゃないかと思った。

この点については、こんな文章・考察もありました。

被害者が匿名で発表されていることについて、女性は「この国には優生思想的な風潮が根強くあり、すべての命は存在するだけで価値があるということが当たり前ではないので、とても公表することはできません」と、複雑な思いを明かした。

メッセージによると、女性は親から弟の障害を「隠すな」と教えられて育ったが、事件後は「名前を絶対公表しないで」と言われたという。「心ないことを言ってくる人もいるでしょう」と影響を心配し「今はただ静かに冥福を祈りたいです。事件の加害者と同じ思想を持つ人間がどれだけ潜んでいるのだろうと考えると怖くなります」と結んだ。

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の事件で入所していた弟を亡くした女性のメッセージが6日、東京都内で障害を持つ当事者らが開いた追悼集会で読み上げられた。被害者が匿名で発表されていることについて、女性は「この国には優生思想的な風潮が根強くあり、すべての命は存在するだけで価値があるということが当たり前ではないので、...

背景には障害者や家族への差別、偏見があると指摘するのは「障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会」(東京)の白沢仁事務局長だ。結婚の際、家族に障害者がいることを理由に相手の家族に反対されることが今でもある。

(中略)

また、自宅で面倒を見られず施設を利用していることに家族が負い目を感じ、周囲に名前を知られたくないと考える場合もあるという。

 背景には障害者や家族への差別、偏見があると指摘するのは「障害者の生活と権利を守る全国連絡協議会」(東京)の白沢仁事務局長だ。結婚の際、家族に障害者がいることを理由に相手の家族に反対されることが今でもある。

「障害者への偏見がある。同情されるのもつらい。隠しておけば余計な心配をしなくて済む」。兄の被害を隠す理由をそう説明した。

 「近所に何も話していません。名前は伏せてください」。神奈川県内に住む女性が自宅の玄関前で重い口を開き、そっと目を伏せた。女性の50代の兄は相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で刃物で刺されて死亡した。近所の人や親族には、事件に巻き込まれたことを知らせていない。葬儀はごく一部の身内と園の関係者だけで営んだ。

過去、事件や事故の被害者について警察はすべて遺族の了承を取ってから実名発表してきたわけではなく、基本的に間髪容れずメディアへ発表してきた。風俗店の火事などで死者名が伏せられるのは「世間体」に配慮したメディアの判断だ。

本事件では、かりに県警がメディアに実名を発表したとしても、メディア側の判断で結果的に匿名報道というかたちになっていたかもしれないが、メディア判断で実名を伏せることと当局が伏せることは意味が違う。県警記者クラブは匿名発表に抗議している。警察が当初から隠せば、遺族の意思の真否確認ができない。被害者取材が難しくなれば、警察が事件内容を都合よく歪めて発表することもできてしまう。

献花した男性は「新聞に名前がなく知り合いの入所者の安否がわからなかった。園に電話して無事だと知った」と語る。「神奈川県重症心身障害児(者)を守る会」の伊藤光子会長は「実名報道は、まだご家族には無理かもしれないけど、事件がすぐに風化するのでは」と案じていた。

やまゆり園に集まる報道陣(筆者撮影)  最近、あるニュースを受けて、筆者の頭に「澱(おり)」のような物が沈殿していた。その「澱」が浮き上がってきたのが、7月26&

障害のある5歳の息子、真輝(まさき)ちゃんの医療費をめぐり「金くい虫」などとインターネット上で誹謗(ひぼう)中傷を受けているという与党・自民党の野田聖子議員(56)は、事件の犠牲者の家族が匿名を望んだことは驚きではないと話す。

「障害者の家族には2通りあって、1つは積極的に障害児であることをアピールして、世の中を変えていこうというポジティブな人もいるが、『声なき多数』は社会に対して非常にネガティブで、家族に障害児がいることを知られたくない、騒がないでほしいと思っている」と野田議員はロイターに語った。

神奈川県相模原市の障害者施設で起きた殺傷事件の発生から2カ月近くが経過。東京パラリンピック開催まで4年を切るなか、同事件とその犠牲者の身元をめぐる沈黙は、障害者に対する姿勢について日本がどう取り組むべきかを迫っている。「津久井やまゆり園」で7月、睡眠中に刃物を持つ男に襲われ、入所者の19人が死亡し、26

だけどそうやって「隠して隠して隠し続けてきた結果」が今なんだ。これじゃあやっぱり、なにも変わらないんだよ。

犯人の時給は夜勤でも905円だった。でもこれは施設が搾取してるとも言い切れない。結局、国の予算が法律で決まってるんだから。じゃあ、どうしたらいいんだろう?

っていう社会的議論にもならない。ツイッターでの

いう意見にも、

警備員なんか雇うお金はない!それに介護職員は激務で、そんなに余裕はない!

っていうところで止まってしまう。でも少なくとも僕は、現場の職員さんが大変なのは知ってる。でもそのうえで、

無抵抗で自分の身を護れないひとたちをどう支える?

っていう問いには向き合わなきゃいけないんだ。それに石平太郎さんの本意も、そこの問題提起にあったと言ってる。

それに他にも、介護職員本人の口から訴えられた

私も障害者支援施設の介護士でしたが殺意が芽生えたことが無いとは言いません。

暴言を吐かれる暴力を振るわれる服を脱がされる体を揉まれる等、

それを「病気だから、障害だから仕方ないよ~」で済まされるこの空間

狂 っ て る

って思いながら仕事してました。

私も障害者支援施設の介護士でしたが殺意が芽生えたことが無いとは言いません。暴言を吐かれる暴力を振るわれる服を脱がされる体を揉まれる等、それを「病気だから、障害だから仕方ないよ~」で済まされるこの空間狂 っ て るって思いながら仕事してました。

っていう声にも、向き合わなきゃいけない。考えることは、たくさんあるんだ。そしてそれは誰かに責任を押しつけるとかいう話じゃなくて、今できるだけ多くのひとたちで一緒に、考えなきゃいけないことなんだ。

そしてもちろんそのときには、限られた予算と高齢化社会のことも考えなきゃいけないとは思う。でもそれを極端に持って行き過ぎると、

遺伝性の疾患を持つこの患者は、その生涯にわたって国に6万ライヒスマルクの負担をかけることになる。 ドイツ市民よ、これは皆さんが払う金なのだ

引用元『Neues Volk』の広告ポスター:『ホロコースト百科事典』

この立派な人間が、こんな、我々の社会を脅かす病んだ人間の世話に専念している。我々はこの図を恥ずべきではないのか?

なんて言い放つところから生まれた無数の哀しみと言いようのない苦しみを繰り返すことになる。このポスターは、もう過去のもののはずだ。でもそのすべての過去と現状を踏まえて、僕たちは未来を考えなきゃいけない。ほんとの意味で犠牲者の冥福を祈るなら、あんな事件があった今だからこそ、その「根」に向き合わなきゃいけないんだ。

たとえみんなが忘れ去っても、僕は忘れない。忘れられない

だけど僕は率直に言って、この事件がこの注目度で扱われるのはせいぜいあと1週間くらいなんじゃないかと思ってる。

だってオリンピックも都知事選挙も気になるもんね。北朝鮮の核実験怖いもんね。きっとまたどこかで誰かが、殺されるんだもんね。

今ならむしろ、外国でのほうが注目されてるかもしれない。

各国メディアは「戦後最悪の大量殺人事件の一つ」「日本社会に衝撃走る」など、事件の凄惨さを強調して伝えた。

でもそれだって、やがては収まるだろう。みんな「自分の世界」以外のことなんて、ずっと気にしてられないんだから。

だけど僕にとっては、これは忘れられる話じゃない。

だってこれは「僕の世界」で起きていることだからだ。

でもそんな僕ですら、いずれ忘れてしまいそうになるから、ここに書いておく。今日感じている恐怖もすべて。それに今回のことを、

むしろ賞賛されるべきやな

叙勲したれ叙勲

家の庭にある雑草切っただけで報道になるわけあらへんし

なんて言っているひとがいることも全部だ。

予告されていたこの事件をなんで止められなかったの!

って?

誰も気にしてなかったからだよ!

だから今でも、

英雄やぞ

他のエリアも続けやカス

今回の障害者殺傷事件、「障害者なんていなくなればいい」というのを口で言ってるだけではなく実際に行動に起こしたあたり一億総活躍社会の先鋒といったかんじがあるし日本の若者もこれを見習って積極的にテロに勤しんでもらいたい

今回の障害者殺傷事件、「障害者なんていなくなればいい」というのを口で言ってるだけではなく実際に行動に起こしたあたり一億総活躍社会の先鋒といったかんじがあるし日本の若者もこれを見習って積極的にテロに勤しんでもらいたい

死んだ障害者があと50年生きるとして

支払われるはずだったナマポは

100万円x50年x15人=7億5000万円

大卒の生涯年収は2億6000万だから大体3人分

ちょっとしたヒーローだな

なんて言ってるひとがいても誰も気にしていない。今回の事件が「始まり」にすぎないかもしれないなんて、誰も思ってないんだ。犯人は今回のことを

事件を起こした自分に社会が賛同するはずだった

先月26日、相模原市の知的障害者施設で入所者が刃物で刺され19人が死亡、27人が重軽傷を負った事件で、入所者9人に対する殺人の疑いで再逮捕さ&

と言っているようだけど、それがこうやって現実のものになっていることにちゃんと向き合うひとは、やっぱり少数派なんだ。

だけどそれは他人の考えなんだからしかたがない。みんな、自分の考えと信念に従って生きてるんだから。じゃあ僕だって、自分の信念に従って生きる。だから僕はここで伝え続けるんだ。これを読んだひとのうちの1人にでも、生きている僕の存在を伝えるために。そして、一緒に生きるために。それが未来につながっていることを忘れないために。

それができないなら、次に殺されるのは、僕なんだから。

まだ想いとモヤモヤが収まらなかったので、さらに続けて書きました。

神奈川の障碍者施設、津久井やまゆり園で起きた事件について、ずっと考えている。毎回書く度に、これで、書ききった。区切りをつけら...

コメント

  1. 私の姪は他府県で特養で働いていますが、夜間は特に手が足りず、70人の入所者を2人で看ないといけない、と言っていました。その人数で、ましてや若い女性だと、突然の凶行があった場合に守りきれるはずがありません。下手すると被害者になるのがおちです。

    私の母は特養に入所していますが、私がいつも会いに行く時も10人のユニットで1〜2人が担当しておられます。いつも申し訳なくて頭が下ります。介護職の方々の待遇改善は以前から訴えていますが、なかなか反映されないのがもどかしい限りです。

    誰もがやがては歳を取り、病気になり、認知症になったりして、身体のあちこちに不自由が生じてきます。それを当然の変化と想像出来ない人があまりにも多すぎます。

    私自身も障害者ですが、要介護5、重度障害1級の父を4年、要介護5、障害3級の母を在宅で1年半看て来ました。
    父の時はまだ母が動けたからマシでしたが、母の介護は私一人で本当に一緒に死のうかというところまで追い詰められたことがあります。でも出来ませんでしたけど…。

    自分で寝返りも打てないところ、重度の障害ではあります。父などは胃ろうでしたが、でも最後まで家族に気遣うことが出来る掛け替えのない父でした。今は母の分だけちょっと助かっていますが、自分の具合が悪くて会いに行けないとやはり気にかかります。

    どういう障害があっても、どういう人も歳を取るのは平等ですし、全部を含めて考えないと本質的な改善には至らないと思います。
    この事件は哀しいことですが、多くの人が少しでも本気で取り組んで考え続けて改善の形に持っていって欲しいと切に願っています。

    • はるうさぎさん、こんにちは。

      ええ、僕も本来は社会全体で真剣に考えることが必要だと思っていますが、結局はみんな「目の前のこと」で精いっぱいなんだと思います。だからこそ、この問題がいつも目の前にある僕が、まずは本気で考え続けていきたいと思っています。

  2. 通りすがり より:

    今さらですけど無断転載禁止の2ちゃんねるの書き込みを転載するのはちょっとマズイのでは…

    • 通りすがりさん、こんにちは。

      え〜とですね、これは今の僕の認識では、「転載」ではなく「引用」と見なしてもらえるものだと思っています。

      ただしもちろん、権利者から申し立てがあった場合には、適宜対応をしていきたいと思っています。

      よろしくお願いします。

トップへ戻る