貧困の地域格差とその推移、そして現状についての研究発表を見て感じたこと

広告
ハンモックで眠るホンデュラスの赤ちゃん

きっかけは、こんなニュースを見つけたことだった。

18歳未満の子供のいる子育て世帯のうち、生活保護費の基準となる最低生活費以下の収入で暮らす割合が2012年で13.8%にのぼることが、山形大学の戸室健作准教授の「子どもの貧困率」研究でわかった。貧困率は1992年の5.4%から20年間で約2.5倍に急増した。沖縄県が37.5%と最も高く、西日本や東北以北で高い傾向にあるなど、都道府県別の実態も初めて明らかにした。

総務省が5年ごとに実施する「就業構造基本調査」と厚生労働省が毎年実施する「被保護者調査」を基に、独立行政法人・統計センターに集計を依頼して調査。最低生活費以下の収入しかない世帯を「貧困世帯」と定義し、地域別の状況を明らかにした。

18歳未満の子供がいる世帯のうち貧困状態にある世帯数は、92年に70万世帯だったのが12年には146万世帯に拡大。都道府県別でみると、貧困率は沖縄が最も高く、大阪(21.8%)、鹿児島(20.6%)、福岡(19.9%)と続いた。地域間格差は縮小しているものの、「一部地域だけの問題から全国規模の問題に深刻化している」とみている。

 18歳未満の子供のいる子育て世帯のうち、生活保護費の基準となる最低生活費以下の収入で暮らす割合が2012年で13.8%にのぼることが、山形大学の戸室健作准教授の「子どもの貧困率」研究でわかった。貧困

それでさっそく、戸室教授の研究発表を読んでみた

これだけでもかなり衝撃的だったけど、もっと詳しい内容を知りたくて、さっそく戸室教授の研究発表を読んでみた。それがこれだ。

「都道府県別の貧困率、ワーキングプア率、子どもの貧困率、捕捉率の検討」:戸室健作

そうするとやっぱり特徴的だったのは、この研究が「都道府県ごとの格差」をはっきりと示しているところだ。たとえば、

『被保護者調査』の「保護の決定状況額(積み上げ)、世帯人員・都道府県 – 指定都市 – 中核市・保護の決定状況別」には、都道府県別、世帯人員別に、生活保護の世帯数と最低生活費の総額が掲載されている。そこで、最低生活費/世帯数によって、都道府県別、世帯人員別の最低生活費が計算できる。

っていう方法で算出された「表1 都道府県別の最低生活費」を見ると、その金額に思った以上の差があることもわかった。ざっと見て少ないのは、徳島、秋田、福井、山梨、佐賀とかだ。ここは東京とかの高いところと比べると年額で40万円くらいの違いがある。だから貧困率もその都道府県ごとの最低生活費を基準にして考えているんだけど、そのうえで作られた「表3 都道府県別貧困率の推移」と「表4 貧困率の格差」を見ると、

貧困率の高位平準化という状況が、2012年においても続いている

っていうのは、確かによくわかる。

それで、僕自身はどうする?

で、これを見た僕はどうするかって話なんだけど、まずパッと思ったのが、

最低生活費の低いところに移住すればいいのかなぁ?

ってことだった。だって僕のもらっているひと月10万6千円くらいの「障碍者手当」は、基本的に日本全国どこでも定額なんだから。

障碍者は経済的に「得してる」って、ほんとにそう思う?
今の世のなか、毎日が楽しくてしかたがない!っていうひとは間違いなく少数派で、ほとんどのひとはなんやかんや悩みや苦しみを抱えている...

だとしたらこの年間130万円くらいの「固定収入」を最低生活費が低く済む地域で活かそうっていう発想もなくはないだろう。じゃあ僕は、最低生活費が年間100万円以下の場所、たとえば徳島とか秋田で暮らせばよりゆとりを持てるってことなんだろうか?

いやいや、話はそんなに単純じゃないだろう。だってこの「最低生活費」っていうのは、生活保護基準額を基にしているわけだけど、そもそもそれがどの程度生活を満たせる額なのかは難しいところだ。それに、僕みたいなひとが暮らすためには、家だってある程度はバリアフリーになってないといけないから、家賃だって高くなるし、大家さんの承諾があったとしても、改装費は自分で出さなきゃいけない。あとは病院の対応やそこまでの距離、それに地域ごとに違う福祉の状態とか健康保険料なんかもすべて複合的に考え併せないといけない。それにもちろん、引っ越し代だってかかる。だからここで示されている数字だけを頼りに生活を考えることはできない。

だとすると結局は、

どこにいてもそれなりに暮らしやすい社会を作る

っていうのが理想なんだろう。でもこの発表を見てもそれが順調だとは思えないし、むしろ放っておくと逆方向に動いていきそうな気配すらある。だから僕もこれからも自分にできることを考えて、失敗しながらでも、行動していきたいと思う。

それは、未来のためだから。そしてなにより、自分自身のためなんだから。
トップへ戻る