クリスティーン・サン・キムさん。耳の聴こえない彼女は、音に触れて、音を見る

広告
Christine Sun Kim The Enchanting Music of Sign Language

「耳の聴こえない作曲家」と言ったらベートーベンが思い浮かぶ。でもベートーベンが聴力を失ったのは途中からだ。

けど現代には、生まれつき耳が聴こえないのに音楽を作るひとがいる。それが、クリスティーン・サン・キムさんだ。もしかしたら知ってたひともいるかもしれないけど、僕はついこないだ初めて知った。だからその記録とあなたへの共有の意味も込めて、今日はここで彼女のプレゼンテーション動画を紹介しようと思う。そして僕ももっと自分のからだと感覚を、最大限遣って生きていこうと、そう思った。

「魅力的な手話の響き」:クリスティーン・サン・キム

トップへ戻る