『アリとキリギリス』にはいろんなバージョンがあるけど、僕が望むのはこういう世界だ

広告
Die lustige Grille
http://blogs.yahoo.co.jp/aiai2006_8_8/43344927.html

『アリとキリギリス』のお話なんて、もう言うまでもないくらい有名だ。でも今日はこのお話について、少し考えてみたいと思う。

このお話のいちばんよく知られたあらすじは、

夏の間、アリたちは冬の食料を蓄えるために働き続け、キリギリスはバイオリンを弾き、歌を歌って過ごす。やがて冬が来て、キリギリスは食べ物を探すが見つからず、最後にアリたちに乞い、食べ物を分けてもらおうとするが、アリは「夏には歌っていたんだから、冬には踊ったらどうだい?」と食べ物を分けることを拒否し、キリギリスは飢え死んでしまう。

っていうようなバージョンだと思う。

でもこの結末には、違うバージョンもあるって知ってた?

でも、このお話にはこの結末じゃないバージョンもいっぱいある。たとえば、これなんかがそのひとつだ。

すると、アリは笑って言いました。
『夏の間歌ったなら、冬の間踊りなさい』
すると、セミはこう答えました。
『歌うべき歌は、歌いつくした。私の亡骸を食べて、生きのびればいい。』

みなさんもご存知であろう「アリとキリギリス」。 この話、もともとは「アリとセミ」だったとか。イギリスには蝉がいないのでキリギリスに置き換えられたらしいです(東欧ではコオロギになっている例が多いらしい)。 だけどもとが「セミ」だというのは納得です。なんせ「夏の間は歌ってばかりいる」と言えば、日本でもやっぱりセミですから。...

こうなると、だいぶ印象が変わってくる。

じゃあ、これはどうだろう?

ある秋の空、キリギリスが街頭でライブを行っていた。その横を、今日の勤めを果たしたアリなどいくらかの昆虫が通り過ぎていった。通りすぎる虫々はキリギリスの才能には目をくれず、ただ上の者の言ったことに従って同じような活動を繰り返していたのである。

しかしその後、天候不順が昆虫らを襲った。アリなど群で暮らす昆虫らのトップは、全部の死滅を避けるという名目で、あっさりとリストラを名目に足切りを行い、アリの1/5が路頭に迷うことになった。

冬、アリなど昆虫の餓死体が道にたまる中で、メジャーデビューしたキリギリスの曲がラジオから流れていた。

これはもう完全に、違う教訓を引き出す話になっている。でもこうしてみると、

このうちのどの結末にだって、たどり着く可能性はある

ってことがいちばん大切なことなんじゃないかって気がしてくる。

「困ったときはひとに頼れ」っていうのはダメなことなの?

でも、なかにはこんな意見もある。

さらに違った教訓が・・・

遊び呆けていたキリギリスが死んでしまう結末について、昔から言われている別の教訓があります。

それは、「色々な生き方がある」という人生のあり方についてです。

これも、眉唾物ですが・・・まあ、分からなくはないといいますか。

つまり、「真面目に働き、細く長い人生を歩こう」という地道な生き方と

「楽しい毎日を過ごして、太く短い人生を歩こう」という道楽な生き方がある、ってことらしいです。

うーん、真面目に長くか・・・楽しく短くか・・・悩みどころですね。

それにしても甘すぎる!

それもこれも、キリギリスが死ぬ前提の見方ですから、言い方は変ですけどキリギリスには死んでもらわなきゃいけないのです。

そうでなければ、「困った時は人を頼れ」とか「人生なんとかなる」って感じの教訓になってしまいますよ!

それはそれで、子供に言い聞かせるのはちょっとね・・・

やっぱり、多少残酷でも原作を言い聞かせた方がいいような気がします。

ショッキングの方が大人になっても忘れませんし、本当の意味で教訓になりますよね!

実は、残酷な結末が多い事で知られている「イソップ童話」 そのほとんどは、童話と銘打っておきながら、とてもじゃないが子供に聞かせられない話ばかりです。 しかし、その童話に隠されている真に作者が伝えたい事を知れば、納得の内容になるのです。 そん

ただ、この意見には個人的にいくつかの疑問がある。

まず、

「真面目に働き、細く長い人生を歩こう」という地道な生き方と

「楽しい毎日を過ごして、太く短い人生を歩こう」という道楽な生き方

が両立しないという前提から始まってるのは、少しおかしいと思う。だって、

ほんとは誰だって、「長く楽しい毎日」を過ごしたいはずでしょ?

それに、

「困った時は人を頼れ」とか「人生なんとかなる」って感じの教訓になってしまいますよ!

なんて言ってるけど、

困ったときに誰にも頼れないような社会なんて、明らかにおかしいでしょ?

アリもキリギリスもそれぞれの役割を果たしてるんだから、あとはただ助け合えばいいんじゃないの?

単純に言って僕から見れば、アリもキリギリスもそれぞれの「役割」を果たしているとしか思えない。これは「得意分野」って言い換えてもいいけど、ここで一気に現代の僕たちの生活に引きつけて言えば、

アリとキリギリスは、農家と芸術家のたとえだ

って見ることだってできると思うんだ。これはもう少し広い意味で、「第1次産業」と「第3次産業」って言ってもいいけど、ここで

キリギリスはラクして遊んでたんだから、甘やかしちゃダメ!

なんて言うのは、「芸術家」とか「詩人」なんかを全否定して、

穀潰し!

って暴言を吐いてることに等しいって思わない?でも、こういうひとたちも含めて、みんなで得意なことをし合いながら生きられるために社会があるのに、これを否定するのは「人類としての退化」だと思う。あとこの「穀潰し」って言葉ってさ、僕も実際言われたことあるんだけど、なかなかキツいよ。

今こそ、すべての「キリギリス」が本領を発揮するときだ

だからさ、結局アリはアリとして、キリギリスはキリギリスとして、自分のいいところを伸ばし合いながら生きればいいと思うんだよ。それにさ、「芸術」ってのは絶対に、「テキトーに遊ぶ」なんてことじゃないし、そうやって生み出された音楽とか詩とか、そういう「無駄がなくなった世界」なんかがいい世界だとは、どうしても思えない。だって実際、僕は音楽がなかったら、今まで生きてこられたかどうか自信がない。

それにぶっちゃけて言うと、

僕自身がまさに「キリギリス」そのもの

なんだよ。そりゃあ、僕は米も作れないし、インフラに貢献してるわけでもない。でも、僕だって自分なりに「いいところ」を探して、それを伸ばそうとしてるんだから、せめて餓死しない程度には、これからも生かしておいてもらえないかなぁ?それに、あなたはほんとに、みんながアリになった世界に住みたいと思う?少なくとも、僕はそう思わない。
だって、そんなのつまらないから。僕が住みたいのは、もっと多様性のある世界だ。

アリがアリとして、キリギリスがキリギリスとして、イモムシがイモムシとして、生きられる世界

だ。そしてそのときにこそ、「物語」の力が必要なんだと思う。だって、今必要なのは、「現状の確認と維持」なんかじゃない。もちろんまったく無意味だとは言わないけど、「分析」だけじゃなにも変わらない。そしてこのままだと、ただ「絶望と無力感」が襲ってくるのを待つだけになっちゃう。それを防ぐいちばんの方法は、「新しい世界を想い描くこと」だ。もちろんそれは、今ある世界の先に生まれていく。だから、世界中の「キリギリス」の出番は、もう今ここに来てるんだ。

コメント

  1. ミネルヴァのトリビア より:

    まさにおっしゃる通りですね!

    人を頼れない世の中は寂しいです。

    ただ、僕の考えるキリギリスは芸術家とか第3次産業とか、そんなことすら考えてない本当にただの遊び人という認識でした。

    それに、四つ這いおとなさんは『キリギリスでは無い』と思いますよ。

    だって、毎日コツコツ記事を書いて頑張っているではないですか!

    仕事の内容は問題ではなく

    「やってるか」「やってないか」

    が、アリとキリギリスの分かれ目だと思います。長文失礼!

    • ミネルヴァのトリビアさん、こんにちは。

      そうですね、その内容が他者からどう評価されるかはいろいろあるとは思いますが、自分にできることをコツコツ続けていけたら、なにかは積み重なっていきますもんね。
      励ましてくださって、ありがとうございます。

      僕も自分のペースで続けていきますが、よかったらまた遊びに来てください。
      いつでも心から、お待ちしています。

トップへ戻る