「1+1は1よりは大きいよ!」。そう言ってくれたのび太の言葉が、今でも僕を支えている

広告
手をつなぐふたり

こどもの頃からずっと、僕はみんなもよく知るあの『ドラえもん』が好きだった。でも、そのなかでもどの登場人物がいちばん好きか(そばにいてほしいか)って言ったら、最初はドラえもんだった。それはきっと、「もしもボックス」とかをもらって、

もし僕が歩けるようになったら!

なんて世界を実現させたり、もっと単純に「どこでもドア」とか「タケコプター」でいろんなところに行ってみたり、そんな願いをドラえもんに叶えてほしかったっていうことも大きく影響した結果だったと思う。

でも僕がいちばん好きなのは、いつしか別のひとに替わっていた

でもいつの頃からか、僕のいちばん好きなひとは、ドラえもんから他のひとに替わっていた。それは、のび太だった。そして僕はいつしか、

のび太が今ここにいてくれたらいいのになぁ……

なんてことを考えるようになっていたんだ。でも、正直に言えばドラえもんのいないのび太なんて、現実的にはなんの役にも立たない。ドラえもんみたいにひみつ道具をいろいろ持ってるわけでもないし、宿題を頼めるわけでもないし、ましてお金を稼いでもらえるなんて思えない。そんなことはこどもの僕にだってわかってた。

でも、のび太はすごく優しい。そしてきっと、具体的にはなにも助けてもらえないとしても、きっと僕が困っていたら、そばにいてくれるだろう。話を聴いてくれるだろう。もしかしたら、誰か他のひとを呼んできてくれるかもしれない。とにかく、

のび太は僕を置いてきぼりにはしない

っていう確信が、僕にはあった。これは言い換えると、

絶対的な安心感

だとも言える。それに、「ドラえもんがここに現れる」っていうことに比べれば、まだ「のび太がここに現れる」ことのほうが何倍もあり得そうに思えた。だから僕はけっこう本気で、のび太がここにいてほしいなんてことを空想していたんだ。

のび太に会いたければ、『ドラえもん』の世界を観続ければいい

でももちろん、現実にのび太が僕のところに現れることなんかないのはわかってる。でもせめて『ドラえもん』の世界を観ているときだけは、僕はそこにいるのび太に会える。だから僕はかなり長い間ドラえもんのアニメを観続けていたし、それからしばらく経ってアニメを観なくなっても、年に1回くらい公開されるドラえもんの「映画」は、相当観ていた。そしてそれは確かに、僕を励ましてくれたんだ。

今でも特に深く印象に残っている、のび太の言葉がある

そのなかでも特に深く印象に残っている、のび太の言葉がある。それは2000年に公開された映画『ドラえもん のび太の太陽王伝説』のなかのこんな言葉だ。

僕達友達だろ?!1+1は1よりは大きいよ! 助け合うのは当たり前じゃないか!

でも、これでもあまりにも深く沈んでいるときには顔を上げられないかもしれない。僕もそうだった。それに、数にはプラスの数だけじゃなくてマイナスの数だってあるんだ。けど、そこでさらに、

僕が味方したって、たいした戦力にはならないと思うけど、1+1は、1よりも少なくなるとは、僕、思わない!だって、ひとりじゃないんだもん。

ここまで言われてしまったら、さすがに僕だってうなずくしかない。そしてこの言葉が、苦しい気持ちになったとき、特にどうしようもない無力感に呑み込まれそうになったとき、僕を何度でも、助けてくれたんだ。

僕にできることはあまりにもちいさいかもしれない。でも僕はそれを、無駄だと諦めはしない

僕は今まで、「四つ這いおとな」として生きてきた自分の眼から見えた世界を、そしてそこから感じていることをここにただ素直に書き綴ってきた。そしてそのなかには、どうしようもなく大きな「社会問題」について書いたものも多い。たとえばこんなのもその一例だ。

マタニティ・ゲノム。出生前診断の技術はますます進化していってるけど……
前に、って書いたように、僕は今日本でもどんどん行われている出生前診断には、とても怖さを感じているし、せめてもう少し、慎重に考えてほし...
「震災関連死」という哀しい問題。僕はあなたにも、一緒に生きていてほしい
はじめにちょっと、これを読んでみてほしい。東日本大震災や東京電力福島第一原発事故の避難生活による体調悪化などが原因の「震災関連死」は...
育児と介護の「ダブルケア」を同時に行っているひとが、25万人もいるという事実
ついこないだ、こんなニュースを読んだ。子育てと家族の介護に同時に直面する「ダブルケア」をする人が、全国で少なくとも25万3千人いるこ...

でも実際、こんなことを僕がこんな場所でいくら言ってみたって、どんなに

現状を認識して、問題を共有するところから始めようと思います

なんて言ってみたところで、結局社会は変えられないし、その多数派が作る「流れ」には、まったく逆らえないかもしれない。だってこんな僕にできることなんて、あまりにもちっぽけなものなんだから。

でも僕は、それをまったくの「無駄」だと諦めはしない。だからせめて、グダグダしたときはグダグダしたまま、自分の素直な気持ちを書いた。

どうしようもなくグダグダしてる自分の内面を、そのまま吐き出してみる
こないだ、っていう文章を書いて、自分の気持ちはちゃんと整理したつもりだった。だからそのあとも、っていう文章を書けたんだけ...

そして最初の決意を忘れずに、書きたいことを書きたいように書きながら、自分自身をラクにしようと思っている。

僕がなにかを伝えたいと思うのは、まず誰よりも自分のためだ
昔「24時間残念営業」ってサイトがあった。最初に読んだ文章がなんだったかは憶えてないんだけど、それからちょこちょこ読むようになった。でもその...

そして

こんなどうしようもない僕でも、ここでこうして生きている

ってことを、あなたに伝えたいと思っている。

あなたが「死んだほうがまし」と思うような状況でも、生きているひとはいる
世界には、年間100万人くらいの自殺者がいるらしい。日本でも「公式には」3万人くらいの自殺者がいることになっているけど、WHO(世界保健機関...

僕のやってることは、そしてこれからもやり続けようと思ってることは、結局こんなことで、これ以上じゃない。これ以上は、今の僕にはできない。でも、僕はこれを無駄だとは思わない。だから、僕はこれをやり続ける。そして、いつかあなたがここに来てくれるのを、僕はずっと待っている。そしてそのとき、僕の夢は叶う。だって、僕が待っていたのび太っていうのは、あなたのことなんだから。

コメント

  1. あんこ より:

    のび太は僕を置いてけぼりにしない。言われてみたらたしかにそう思います。すごく共感しました。

    • あんこさん、こんにちは。

      僕もどのみちゆっくりとしか動けないので、これからもここにいられる限りい続けると思います。

      だから、よかったらまたいつでも遊びに来てください。

トップへ戻る