岩崎航さんの「生き抜くという旗印」を、僕も一緒に掲げていたいと思う

広告
モンゴルの聖地に立てられた旗印

僕が最初に岩崎航さんを知ったのは、確かこの番組を観たときだったと思う。

詩人・岩崎 航(わたる)さん(39歳)。仙台に暮らす岩崎さんは、幼い頃から、全身の筋力が衰えていく難病・筋ジストロフィーを患い、自宅のベッドに寝たきりの状態で暮らしています。岩崎さんにとって、“生きる”ことと、詩を書くことは何か。番組では、岩崎さんの創作の日々を見つめ、その心の世界を描きます。

そして昨日、また彼の特集番組を観た。

最初この2つの番組はタイトルがほとんどかぶっていたし、危うく単純な再放送かと思ってしまうところだったけど、そうじゃなかった。そしてそこで改めて岩崎さんに触れて、僕はやっぱりすごく、感銘を受けたんだ。

僕も自分を励ましながら、これからもずっと、生き抜いていこうと思う

彼はこれまで3000以上の「五行歌」を紡いできて、それは今も続いている。

それに今ではそれを基にした詩集やエッセイを出版したり、直接講演をしたりもしている。そんな彼の活動や生き様から僕が改めて強く思うのは、

僕も自分を励ましながら、これからもずっと、生き抜いていこう

ってことだ。そしてそう思わせてくれた岩崎さんには、心から感謝したいと思う。僕はこれからも僕なりに「生き抜くという旗印」を、一緒に掲げていたいと思う。

最後に、その想いをちゃんと残しておくために、僕も五行歌をひとつ、ここに書いておくことにする。

 

あなたと私の間にある

絶望という壁

背を向けるのではなく

無理によじ登るのでもなく

ただゆるやかに 染み込んでいきたい

トップへ戻る