「お前らはカネも稼げないくせに性欲はあるからなぁ」。これが養護学校の「指導」だった

広告
腹黒い教員

つい先日、大阪市立茨田北中学校長の朝礼での発言が、賛否両論を呼び起こした。

発言が切り取られているのが問題だ。全文を読めばそんな問題発言じゃないから

っていう意見も多いので、全文を引用して見てみよう。

全校揃った最後の集会になります。

今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。特に女子の人は、まず顔を上げて良く聴いてください。女性にとって最も大切なことは、こどもを二人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。

なぜなら、こどもが生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか、こどもを産むことができません。男性には不可能なことです。

「女性が、こどもを二人以上産み、育て上げると、無料で国立大学の望む学部を能力に応じて入学し、卒業できる権利を与えたら良い」と言った人がいますが、私も賛成です。子育てのあと、大学で学び医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けば良いのです。子育ては、それ程価値のあることなのです。

もし、体の具合で、こどもに恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれないこどもを里親になって育てることはできます。

次に男子の人も特に良く聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。

人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです。

子育てをしたら、それで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです。少子化を防ぐことは、日本の未来を左右します。

やっぱり結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということになります。以上です。

引用元 「学校日記」:『大阪市立茨田北中学校公式サイト』

こんな「価値観の押し付け」なんて、ここだけの話じゃなくない?

こんな発言に対して、

価値観の押し付けだ!

とか、

個人の思想は自由だけど、公に発言すべきではないよね

みたいな意見もあるんだけど、僕は最初からそれほど「学校」に期待していないし、どれだけたくさんの「教育者」たちが、「個人の思想」を表現しているか見てきたから、こんなことは今さら驚くことじゃないと思ってる。むしろ、僕が学校で言われてきたことに比べれば、こんなのはまだかわいいほうだと思う。

「養護学校」で待っていたのは、繰り返される「指導」と「講話」だった

こないだ書いた、

この時期は「入学・進学・卒業」のことを思い出すひとも多いと思う。でも学校とか勉強ってさ、周りから「強制」されると一気にやる気なくしてつまらな...

のなかでも言ったけど、僕は中学校までは地元の「普通学校」のなかの「障碍児学級」(今で言う「特別支援学級」)ってのに在籍してた。だから一応「みんなと同じ学校」にいたんだけど、高校は地元で引き受けてもらえなくて、しぶしぶ、「全寮制の養護学校」っていうのに入学することになったんだ。

この「養護学校」っていうのは今は「特別支援学校」って言い換えられているけど、実態は変わっていないと思ってる。っていうのはどっかで

障碍者をしつけてやる、養ってやる

みたいな意志が透けて見えてる気がするんだ。っていうか、それは実際に行動に出ていた。だって、学校の日課と寮の日課の、限られた「自由時間」の間に、週に何回もなんやかんやの「指導」や「講話」が行われていたからだ。もちろん、その分の「自由時間」はもう返ってこない。そしてその内容は、ほとんど同じようなテーマの、聴き飽きるようなものだった。

そしてある日、その発言は飛び出した

そんななかでその日も、講話があると言われた。テーマは、『適切な男女交際について』。またどうせ同じようなことを言われるんだろう。行きたくないけど行くしかない。そんな気持ちだったから、講話がどう始まったかとか、細かいことはよく憶えていない。でも、ひとしきり話が終わったと思ったところで、突然その発言は飛び出した。こんな感じだ。

お前らはさぁ、カネも稼げないくせに性欲はあるからなぁ。ヤッたらこどもだってできるし。だけどなぁ、そういうのは稼げるようになったヤツだけに許されることなんだよ。ましてやお前らみたいな高校生で、自分で子育てもできないヤツは、ただ慎ましく生きてりゃあいいんだよ

これを実際に聴いたのはもう何年も前のことだし、録音もしてないから「証拠」もない。でも、僕は確かにこれを目の前で言われたんだ。それに、わかるひとはきっとわかってくれると思う。だってたぶん、こんな話をされてた(されてる)のは僕ら(の学校)だけじゃないからだ。

「閉鎖環境」と「権力」は、ひとを簡単に暴走させる

だから、こんな発言を間近で聴いてきた自分からすると、冒頭の校長の発言なんてまだまだかわいいものだとしか思わない。むしろ、これくらいの発言なら、

少子化を止めたい!

という意図によるものだということを前提とすれば、

意見としてはあり得る

とは思う。ただ、こんな発言とそれが「匿名の通報をきっかけに発覚し、問題になった」という経緯から思うのは、この校長の発言も、そして僕の高校時代の「寄宿舎指導員」の発言も「閉鎖環境」で行われていたということだ。そして、ここには共通して「相手に対する権力」がある。そしてその条件が揃うと、ひとは簡単に「暴走」する。善くも悪くも、「素直になる」とも言える。

みんな、今はほとんどのひとがなにか「ストレス」を抱え込んで生きているように見えるし、きっと実際にそうなんだろう。その理由はいろいろあるかもし...

あの発言は、僕にとって「衝撃」だった。でもそのひとは、「苦笑いしながら」こんなことを言っていたんだ。

困ったもんだよなぁ?

みたいな感じにね。

そして、僕も僕以外の誰も、この発言に面と向かって反抗はできなかった。だって、こっちは「弱い」からね。ただ、終わったあとは陰で相当モヤモヤしてた。僕が今回のことで思い出したのは、こんなことだった。そして、こうも思ったんだ。

あの場所は、確かに「閉鎖空間」だった。発言の「証拠」もなにもない。追及しても本人はそれを認めないだろう。でも、それでももしこれをどこかに「通報」していたら、どうなっていたんだろうね?

トップへ戻る