「見える障碍」か「見えない障碍」かなんて、そんな簡単に分けられないよ

広告
ぼやけた鏡

昨日書いたような「先天性障碍者」と「後天性障碍者」との論争や感情のぶつかり合いっていうのは、僕も今まで何度も経験してきたものだ。

「先天性障碍者」と「中途障碍者」の対立は、できるなら早く終わらせたい
僕は今だから自分のことを「障碍者」だと認識してるけど、それは大きくなるにつれて、「自分と『社会』との間には、たくさんの不都合(『障碍』)...

さすがに最近では、

障碍者はみんな心の優しいひとなんだよ

障碍者同士はケンカなんてしないで、みんな支え合っていつも和気藹々と暮らしてるんだよね

みたいな思い込みは、前ほど強くなくなってきてるんじゃないかと思う。そんなのは、「24時間テレビ」か「特別支援学校の入学案内」のなかだけの世界だからね!

だからって、

障碍者はみんな権利ばっかり主張するうるさいヤツらだ!

とか言うのはさっきのと逆方向の極論だから、勘弁してよね。結局は、

「障碍者」とかいうラベルどうこうの前に、みんなひとりの人間だ

という、あまりにも言い古された意見がいちばん単純で正しいと思う。

「見える障碍」か「見えない障碍」かを巡る、これまたよくある話

というわけで、他のほとんどのひとが経験するのと同じように、障碍者でもケンカすることはある。と言ったっていい歳になってからはそんなにないけどさ、特に高校時代、「全寮制の特別支援学校」に入っていたときは、よくそんな言い争いやケンカがあった。そのなかでも頻繁に「対立軸」になっていた話題のひとつが、「『見える障碍』か、『見えない障碍』か」ということだったんだ。

たとえば僕みたいなのに、たまにこうやって突っかかってくるわけ。

お前みたいな「見える障碍」のヤツらはいいよ。見た瞬間に理解して配慮してもらえるからな。でも俺の「軽度の知的障碍」みたいな「見えない障碍」を持ってるとさ、ぱっと見は「要領の悪いやつ」か「バカ」だと思われるだけじゃん。内臓疾患とかだって見えないけど大変なんだよな。それに比べたらお前なんて100倍恵まれてるよ。世のなか不公平だよな!

こうやって切々と、でも攻撃的に言われたらさ、こっちだってこう言い返したくなる。

確かにこっちは車いすに乗ってたりするからさ、「歩けないんだなぁ」ってことはわかってもらいやすいよ。でもそれ以上に手のほうも利かないことは?箸もうまく持てないし、喋ってるだけでからだじゅう強張るし、ボタンは留められないし、背中は洗えないし、道を憶えるのにも苦労することは?逆に言えば、ひとつ「目立つ障碍」があるせいで、他のことはむしろ見えにくくなるんだよ?「見えない障碍」を抱えてんのは、こっちだっておんなじだよ!

こんなことからヒートアップし過ぎて、終いには「取っ組み合いのケンカ」になることだってある。車いす乗りとしては、「後ろを取られてひっくり返されたら終わり」だから、いつも背後を気にしつつ、うまく体当たりするしかない。あとは絶妙なコントロールでモノ投げるヤツもいたね。あ、あくまでも昔の話だよ?

だからさぁ、「みんなそれぞれ困ってる」で助け合えばいいんじゃないの?

こういう対立はやろうと思えば「発達障碍」とか「聴覚障碍」、あとは「相貌失認」とか「自閉症スペクトラム」とか、いろんな相手に対しても起こすことができると思う。または、「妊婦さん」とかだってそうだ。

でもさ、さっきも書いたとおり僕だって「見えない障碍」をたくさん抱えてる。

なんだ、あんた足だけじゃなくて手もダメなのかい!

なんて言われたことも数えきれない。だから、「『見える障碍』か『見えない障碍』か」とか、「『身体障碍』と『知的障碍」はどっちが恵まれてるか」なんて話は、実際どうでもいい、なんの意味もない話なんじゃないの?それで結局「どっちも困ってる」って言うんなら、みんなでできることをし合って助け合えばいいじゃん。

自分の苦しみをいちばんよくわかってるひとは、すぐそこにいるでしょ?

そして、

俺とお前は同じくらい困ってるのに、お前だけ手当もらえて不公平だ!

なんて思ってるなら、その熱い気持ちは僕じゃなくて「医者」か「行政機関」、もしくは「メディア」なんかに向かってぶつけたほうがずっといい。そしたらそれなりの対応をしてくれるかもしれないし、その「声」が認められれば、「発達障碍」みたいにちゃんと「公式な障碍」として認められるようにもなるかもしれない。そのほうがよっぽど、自分のためになるじゃない?だって周りが見てくれようが見てくれまいが、

自分がどれだけ困ってるかは、自分がいちばん知ってるでしょ?

だったらあとはその「伝えかた」と「相手」をちゃんと見極めることから始めればいいじゃない。

ということで、僕もここ最近は腰と背中が特に痛むから、今度の通院ではそこを重点的にほぐしてもらうことにするよ。あとはいつもよりゆっくり、お風呂に入ろうかな。

トップへ戻る